Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

サポート切れのブラウザは危険! IEが置かれている状況と、SPREAD for ASP.NETを使用したアプリケーションの移行

ユーザーに安心を提供できるアプリケーション開発とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユーザーがアプリケーションにもっとも期待していることは「使いやすい」アプリケーションであることと、それに加えてアプリケーションが「安全に使える状態にある」ことです。たとえ使いやすいアプリケーションであったとしても定期的にメンテナンスが行われなければ、サポートが切れたWebブラウザやOSで使用せざるをえなくなり、結果的にセキュリティのリスクに晒されます。また、セキュリティのリスクを回避するため「旧ブラウザでのインターネット利用は禁止」といった運用面で対応しようとしても限界があり、ユーザーは安心を得られなくなります。継続して「安心して使える状態」を提供していくには、アプリケーションをリリースした後も定期的にメンテナンスを行い、最新の環境に対応させていく必要があります。

目次

 本記事ではInternet Explorerが置かれている状況と、SPREAD for ASP.NETを使用したWebアプリケーションの移行手順を解説していきます。

2016年上期のWebアプリケーション開発のトレンド

Internet Explorerのサポートポリシー変更(2016年1月)

 2014年8月に、日本マイクロソフトはInternet Explorerのサポートポリシーを変更すると発表し、2016年1月にサポートポリシーが変更されました。

 グレープシティ製品をお使いの開発者の方々も対応に迫られたようです。テクニカルサポートでいただいた質問を集計したところ、SPREAD for ASP.NETを利用して開発するWebアプリケーションのターゲットブラウザ(対応ブラウザ)は2015年上期(1~6月)と2016年上期(1~6月)で大きく変化していました。なお、ここではInternet Explorer以外のデータは省略しています。

2015年上期のターゲットブラウザ
2015年上期のターゲットブラウザ
2016年上期のターゲットブラウザ
2016年上期のターゲットブラウザ

 2015年上期ではInternet Explorer 7を除く各ブラウザの割合は同じような結果となりましたが、2016年上期のデータではInternet Explorer 11が圧倒的に多く、その割合は85%にもなります。この結果からInternet Explorer 11がWebアプリケーション開発において主流になったと言えるでしょう。グラフ上ではInternet Explorer 11のエンタープライズモードの割合は出ていませんが、Internet Explorer 8に近い挙動を実現できることから選択されるケースもあるようです。実際、サポートポリシーの変更前後からエンタープライズモードの問い合わせも継続していただいている状況です。

Internet Explorerのサポート状況

 サポートポリシーの変更により、OSがサポートする最新バージョンのInternet Explorerだけが、セキュリティアップデートを受けられるようになりました。この変更によりInternet Explorer 7/8/10のサポート期間が2016年1月で終了し、Internet Explorer 9のサポートが2017年7月に終了します(Windows Serverを除く)。

Internet Explorerのサポート状況
Internet Explorerのバージョン サポート状況
Internet Explorer 7 2016年1月:終了
Internet Explorer 8 2016年1月:終了
Internet Explorer 9 2017年7月(Windows Vistaサポート終了に伴う)
Internet Explorer 10 2016年1月:終了
Internet Explorer 11 2020年1月(最短で)

Internet Explorerのサポート終了によって何が起きるのか

 サポート期間中はMicrosoft社からセキュリティアップデートが提供されていますが、設定によってはユーザーが意識しない状態でもアップデートが行われるため、なかなかその恩恵を理解しにくいかもしれません。また、サポート終了後もそのまま使えてしまうこともあり、「なんとなく不安だけど使っている」または「ウィルスソフトを入れていれば問題ない」と考える利用者もいるでしょう。しかし、悪質なウィルスは次々と誕生するため、セキュリティアップデートが行われなくなったInternet Explorerは、常に不正アクセスやウィルス感染の危険にさらされています。実際、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)もInternet Explorerのサポートポリシー変更の際には特設サイトを作り、啓蒙活動を行っていました。

 上の特設サイトは情報がとても整理されていますので、アプリケーションのユーザーへ周知する際にも役立つ資料です。また、記事の中で紹介されている脆弱性対策情報データベースは、お使いのInternet Explorerでどのような脆弱性が見つかっているのかを知ることができます。

 ユーザーにリスクを十分に理解してもらった後で課題となるのが、OSやInternet Explorerのバージョンアップ後のアプリケーションの扱いです。Windows Formsアプリケーションではそのまま実行できることもあるようですが、WebアプリケーションではInternet ExplorerのバージョンによってJavaScriptの実装方法が異なるため、旧環境で動作していたアプリケーションが最新のInternet Explorer 11でそのまま動作するケースはかなり稀です。つまり、基本的にはアプリケーションの移行作業を行う必要があります。

 SPREAD for ASP.NET 5.0JがサポートするブラウザはInternet Explorer 6/7/8/9とFirefox 3.6/4となり、Internet Explorer 11は動作保証していません。そのためInternet Explorer 11でアプリケーションを動作させる場合には、SPREAD for ASP.NET 8.0Jに移行する必要があります。次のページではサンプルアプリケーションを用いて実際に移行作業を行いますが、旧業務システム全体を移行する際にどの程度のコストがかかるかという視点で見ていただくとよいでしょう。なお、SPREAD for ASP.NET 8.0Jの動作を確認するには、事前に製品またはトライアル版のインストールが必要です。

 トライアル版は、グレープシティのWebページから申し込むことができます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(SPREAD)

もっと読む

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5