Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

個人で6,000人が集客できた!? エンジニア系イベント集客サイト「connpass」のサービス設計思想を聞く

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いろんな人と交流をしたい。新しい情報を得たい。IT/Web業界では「勉強会」や「LT(ライトニングトーク)」というイベントが毎日のように開催されています。しかしいちばんの壁になるのが「人が集まらない」ということ。そんな壁をぶち壊すために尽力しているイベントサービス「connpass」では、個人でも1年で6,000人の集客ができたという実績を誇ります。なぜ、connpassでは集客しやすいのでしょうか? その秘訣を聞いてきました。

目次

参加者よりも、イベント主催者のための機能を作ってきた

 イベントサービス「connpass」を運営するのは、Pythonに強いことで有名な株式会社ビープラウド。代表の佐藤さんにお話を伺いました。

人物紹介:佐藤治夫氏

 株式会社ビープラウド代表。2011年からイベントサイト「connpass」を運営する傍ら、自身も積極的に勉強会やイベント活動をおこなっている。

 話を伺ってきたのは、エンジニア向けのイベントを積極的に主催しているバックエンドエンジニアののびすけです。よく「connpass」を使って集客をしています。

人物紹介:菅原のびすけ

 1989年生まれのバックエンドエンジニア。IoTLT、Swift愛好会、NodeBotsハンズオンなど、幅広いイベントを開催している。

のびすけ 今日はありがとうございます。connpassは人が集まりやすいので、その理由を聞きに来ました。

佐藤 秘訣かどうかはわからないんですけど、「参加者よりも、イベントの主催者にとっていい機能を作る」を軸にサービスを作ってきました。

 イベント主催者が使いやすければ、いいイベントが増えて、参加者が増えて。参加者の中から、「イベントを自分でやってみようか」みたいな人がどんどん増えていくという感じですかね。

 主催者のために開発したものの一例が「グループ機能」ってやつです。

グループ機能の一例
グループ機能の一例

佐藤 ITコミュニティを「グループ」という単位で表現しています。イベントを開催した後、コミュニティがうまく回るようにと思って、2年前から追加しました。

 あとは、「知り合いのエンジニアさんが開いていたり、参加しているイベントが気になる」という意見がすごく多かったので、「誰々が参加しました」という通知を出すようにしています。

のびすけ たしかに僕も「知り合いが参加しているなら参加しようかな」と興味が出ます。

佐藤 機能を実装してからしばらくして、去年の12月かな、「ささみ」っていうインフラ系の勉強会に参加したときに、connpassの通知メールを見てイベントに参加したことがある人が会場の80〜90%くらいいたので、結構効果あるなって。

のびすけ 90%はすごいですね。

佐藤 そうですね。だから、メール以外でも、iPhoneアプリのプッシュ通知や、FacebookやTwitterなどのSNSにも出すようにしました。

SNS通知の一例


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 榎本 麗(dotstudio株式会社)(エノモト ウララ)

     IoTやテクノロジー記事を編集するテクニカルエディター。大学3年次から、月間600万PVのオウンドメディアを運営する株式会社LIGに約1年半インターンとして参加し、2015年に同社へ新卒として入社。2016年7月にはdotstudio株式会社に参加し、テクノロジー系の編集に関わりつつ、プログラミン...

  • 菅原のびすけ(dotstudio株式会社)(スガワラ ノビスケ)

     dotstudio株式会社代表取締役。1989年生まれ。岩手県立大学在籍時にITベンチャー企業の役員を務める。同大学院を卒業後、株式会社LIGにWebエンジニアとして入社し、Web制作に携わる。 2016年7月よりdotstudio株式会社を立ち上げ、IoT領域を中心に活動している。日本最大規模の...

バックナンバー

連載:プロダクト担当者インタビュー

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5