Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

jobs

バックグランドジョブを表示する
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
jobs [-p] [-l]

 UNIXでは、現在シェルが処理しているジョブ(フォアグランドジョブ)の後ろで別のジョブを動かすことができます。この後ろで動いているジョブのことをバックグランドジョブといいます。

 jobsコマンドは、バックグランドジョブのジョブ番号、ジョブの状態、ジョブの名称の一覧を表示します。

オプション
① -p
バックグランドジョブのプロセスIDのみを表示します。
② -l
プロセスIDとともにジョブの一覧を表示します。
注意

 オプション「-p」はsh系のシェルでのみ使用できます

プロセスIDとジョブ番号

 コマンドやプログラムを実行した場合、シェルやOSが管理するための一意な番号が割り振られます。シェルが管理するために割りあてられるのがジョブ番号であり、OSが管理するために割りあてられるのがプロセスIDです

現在実行中のバックグランドジョブを表示する
$ jobs 
[1]+ Stopped find / -name hogehoge.txt -print 2>/dev/null
ジョブ1は一時中断している
HINT!

 「Stopped」は一時中断していることを表します。その他に実行中を表す「Running」や終了を表す「Exit」などが表示されます

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5