Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

rmdir

ディレクトリを削除する
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
rmdir [-p] DIR...

 rmdirコマンドは、DIR...で指定したディレクトリを削除します。削除するディレクトリが空でない(中にディレクトリやファイルがある)場合は削除できません。

オプション
① -p
DIR...に指定したディレクトリを削除することによって、その親ディレクトリが空になる場合に、親ディレクトリも削除します。
引数
① DIR...
削除するディレクトリを指定します。複数指定する場合には、スペースで区切って指定します。
ディレクトリを削除する
$ tree 
.
|-- dir01
| |-- dir11
| | `-- dir21
| | `-- dir31
| `-- file03b
|-- dir02
|-- dir03
`-- file01

6 directories, 2 files
$ rmdir dir01 dir02
rmdir: 'dir01': ディレクトリは空ではありません
$ ls
dir01 dir03 file01
ディレクトリ「dir01」は空でないため削除できないが「dir02」は空なので削除
$
ディレクトリの削除によって空になる親ディレクトリも削除する
$ tree 
.
|-- dir01
| `-- dir11
| `-- dir21
|-- dir02
`-- file01

4 directories, 1 file
$ rmdir -p dir01/dir11/dir21
$ ls
dir02 file01
ディレクトリ「dir01/dir11/dir21」を削除することによって、その親ディレクトリ「dir01/dir11」が空になるので削除
それによって、その親ディレクトリ「dir01」が空になるので削除
$
HINT!

 lsコマンド・treeコマンド

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5