Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

shutdown

システムを終了させる
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
shutdown [-t sec] [-r] [-k] [-h] [-c] [-f|-F] TIME
[WARNINGMESSAGE] [Linux][FreeBSD]
shutdown [-r] [-h] [-g +n] [WARNINGMESSAGE] [Solaris]

 shutdownコマンドは、システムを安全に終了させます。ログインしているすべてのユーザにシステムが終了する旨が通知され、また、新たにログインすることができなくなります。

 システムをただちに終了させるだけでなく、指定した時間の後に終了させることもできます。

オプション
① -t sec [Linux]
「sec」で指定した秒の経過後に、システムを終了します。
② -r
システムを再起動(リブート)します。
③ -k [Linux][FreeBSD]
実際にはシステムの終了を行なわず、ログインしているユーザ全員へのメッセージの送付のみ行ないます。
④ -h
システムを終了します。
⑤ -c [Linux]
すでに実行中のshutdownコマンドをキャンセルします。
⑥ -f
再起動時にファイルシステムのチェック(fsck)を行いません。
⑦ -F
再起動時にファイルシステムのチェック(fsck)を行います。
⑧ -g +n [Solaris]
n分後にシステムを終了します。
引数
① TIME [Linux][FreeBSD]

システムを終了する時刻を指定します。すぐにシステムを終了したい場合は、「now」を指定します。コマンド実行からn分後にシステムを終了したい場合は、「+n」と指定します。

なお、Solarisの場合は、オプション「-g」を使って、「-g +n」と指定します。

指定時間にシステムを終了したい場合は、「hh:mm」の形式で時間を指定します。

② WARNINGMESSAGE
ログインしているユーザ全員に送られるメッセージを指定します。
ただちにシステムを終了する
# shutdown -h now 
21:00にシステムを再起動する
# shutdown -r 21:00 
10分後にシステムを終了する
# shutdown -h +10

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5