Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

su

ユーザIDを変更する
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
su [-] [USERNAME]

 suコマンドは、一時的に別のユーザに変わる時に実行するコマンドです。USERNAMEを省略した場合はスーパーユーザになります。あるファイルにアクセスしようとした時に権限がない場合などに、一時的にこのファイルの所有者やアクセス権限のあるユーザに変更してアクセスするといった使い方をします。また、ひとつのUNIX環境に複数のアカウントを持っており、その切り替えに使用することもあります。スーパーユーザによるシステム設定が必要な場合などには、再ログインするよりもすばやくユーザの切り替えができて便利です。

 suコマンドを実行すると、続いて変更後のユーザのパスワードの入力を求められますので、ログインパスワードを入力します。ただし、スーパーユーザがsuコマンドを実行した場合は、パスワード要求はありません。

注意

 FreeBSDでは、suコマンドでスーパーユーザになる場合、そのユーザはwheelグループに所属していなければなりません

オプション
① -
直接ログインした場合と同じ環境に初期化されます。このオプションを付けない場合は、ユーザのみ変更します。
引数
① USERNAME
変更後のユーザ名を指定します。
スーパーユーザになる
$ echo cmd > cmd 
文字列「cmd」をファイル「cmd」に出力(ファイル「cmd」を作成)
$ su
Password:
$ echo root > root
文字列「root」をファイル「root」に出力(ファイル「root」を作成)
$ ls -l
合計8
-rw-rw-r-- 1 cmd cmd 4 4月 1 13:11 cmd
su前に作成
-rw-r--r-- 1 root root 5 4月 1 13:11 root
su後に作成
オプション「-」を付けてスーパーユーザになる
$ su - 
Password:
# pwd
スーパーユーザに変更された
/root
カレントディレクトリが「/root」に
#
一般ユーザから他の一般ユーザに変更する(ユーザ「lpic」に変更)
$ su - lpic 
Password:
[lpic]$ pwd
ユーザlpicに変更された
/home/lpic
カレントディレクトリが「/home/lpic」に変更(オプション「-」を付けたため)
[lpic]$
HINT!

 pwdコマンド・lsコマンド

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5