Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「匠のキャリアへ」連載一覧

1~7件(全7件)
  • 2007/05/24

    システム構築企画や要求仕様のまとめ方

    システム開発では、「要求仕様文書」をいかにしてまとめるかが成功と失敗の分かれ道であるといえます。本稿では、システム開発を取り巻く状況から、要求仕様定義をまとめる上でのコツについて説明します。

  • 2007/02/13

    激変する金融業界に対応する金融商品取引システムのマーケットが拡大中

     金融商品取引法の改正に伴って、それらに対応すべく金融システムの刷新が進んでいます。この金融システム特需の中で、キーポート・ソリューションズ社は金融システムに特化したソリューションを提供しています。金融システム開発に特化した組織などについて解説します。

  • 2007/01/29

    金融業界でも、オープンソース(AJAX)で開発に取り組む時代へ

    オンライントレードなど、金融業界のシステムは大量のトランザクションを処理するための高速性はもちろん、高い信頼性と拡張性を実現させる必要があります。そのプラットフォームとしてJAVAが定着してきました。今後はAJAXのニーズが増えてくることでしょう。

  • 641_t.jpg
    2006/10/06

    ロングテールを活用し、“売れる”ECサイトシステムを構築する

    ウェブ2.0という言葉が流行しています。この変革の中で、ロングテールというキーワードが、とりわけECの世界で注目されてきています。従来のマーケティングの概念を崩すロングテールは、ECサイトのシステム構築にどのような変化を与えるのかを解説したいと思います。

  • 589_s.jpg
    2006/09/26

    実践型UMLモデルベースで組み込みソフトウェア開発に変革をもたらす

    組み込みソフトは故障しないことが前提のため、ITシステム以上の制約や安全性が求められます。また、この組み込みソフトウェアの開発力が、メーカーの競争力を左右するほどの影響力を持ってきています。本稿では、このような組み込みソフトの開発現場で起きているさまざまな問題を、実践型モデルベースによる手法を用いて解決する方法を紹介します。

  • 388_t.jpg
    2006/05/23

    システム開発にITILを生かす

    ITシステムの運用管理において、最近注目されているキーワードに「ITIL」があります。ITIL(アイティル)とは「IT Infrastructure Library」の略で、イギリスの政府が策定したコンピュータシステムの運用・管理業務についてのフレームワークです。今回は、このITILについて詳しく紹介したいと思います。

  • fig1_t.jpg
    2006/01/16

    C++による開発で陥りやすい問題点の検証

    C++でソフトウェアを作成する際に陥りがちなミスについて、いくつか実例を交えながら解説します。プログラムの不具合をなくすためには、エンジニア個人の能力を高めていく努力が不可欠です。その王道は基礎をしっかり身に付けることに違いありません。

1~7件(全7件)
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5