Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

ECサイトの商品一覧画面を作成しよう!
プログラミング未経験から始めるPHP入門~応用編(2)

第9回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/06/08 14:00

ダウンロード サンプルソース (4.8 KB)

 前回に引き続き、シリーズ応用編として、ECサイトを作成していきます。本稿では、商品一覧画面を作成します。なお、本連載では、PHPまたはプログラミング初心者の方を対象に、PHPを用いたWebアプリケーションの作成方法を説明していきます。

目次

はじめに

 本連載では、PHPまたはプログラミング初心者の方を対象に、PHPを用いたWebアプリケーションの作成方法を説明していきます。今回は、応用編ECサイトの商品一覧画面を作成します。PHPの環境構築に関しては第2回を参照ください。

対象読者

  • プログラミングが初めてでこれから学習する予定の方
  • プログラミングの経験はあるがPHPが初めての方を対象としています。

これまでの連載

初級編

応用編

動作確認環境

 PHPが動作する環境が必要となります。以下に、今回のアプリケーション作成/動作確認に用いた環境を示します(インストールにあたっては最新安定版の使用を推奨します)。本記事は、Internet Explorer 7にてブラウザの動作確認を行っています。

 また、上記のサーバ環境を一括でインストールできるパッケージ「XAMPP」がありますので、こちらもご活用ください。インストール方法は第2回を参照ください。

 なお、本連載ではWindows版XAMPPをインストールした前提で、「Cドライブ」→「xampp」→「htdocs」がApacheの監視フォルダ(ドキュメントルート)であるものとして説明をします。本稿のサンプルソースは、「XAMPP」コントロールパネルより「Apache」および「MySQL」を開始したうえでご利用ください。

事前準備

 今回のECサイトのデータベース構造に関しては、第8回をご覧ください。また、第8回の手順に沿ってデータベースを作成し、第8回のサンプルソースに同梱されているec_htmlフォルダを、フォルダごとC:\xampp\htdocs以下にコピーしておいてください。m_itemsに入っている実際のデータもphpmyadminで確認しておきましょう。

今回の作成範囲

 はじめに、今回の作成範囲に関して説明をします。まず、http://localhost/ec_html/item_list.phpにアクセスしてみましょう。

図1:商品一覧画面
図1:商品一覧画面

 今回は、このECサイトのTOPページでもある「商品一覧画面」(item_list.php)を対象にプログラムを実装します。画像内のピンク色で囲まれた部分が作成範囲となります。

 この画面は、現段階ではプログラム言語を一切用いず、ダミーの商品情報を表示しているだけなので、今回は以下の機能を実装します。

  • 機能(1):item_list.phpに初回アクセス時、データベースの全商品を表示する。
  • 機能(2):item_list.phpの左メニューの「検索」ボタンがクリックされた時、絞込み検索を行う。

 なお、検索対象のデータベーステーブルはm_itemsとなります。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2010/02/08 19:48 2ページ目の$itemsを$resに修正しました。

著者プロフィール

  • 大家 正登(オオイエ マサト)

    デジタルハリウッド『PHP 講座』講師。学生時代、スペイン語を専攻していたものの何故かプログラム言語に心が傾き、近所のフリープログラマーに弟子入り修行。その後中堅 SIer に 3 年間所属し、現在はフリーエンジニア。仕事の傍らジャズを演奏し、コントラバス 2 台と同居中。 (ITエンジニア・大家...

バックナンバー

連載:プログラミング未経験から始めるPHP入門

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5