Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Adobe Edge Code」で使える、コーディングを加速させる様々なプラグイン

「Adobe Edge Code CC」徹底入門(3)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/09/26 14:00

目次

コード向けユーティリティ

Beautify

 alt+command+LでJavaScript/HTML/CSSファイルを整形してくれるプラグイン。使いやすいです。

W3CValidation

 リアルタイムでHTMLバリデーションをしてくれるプラグイン。

Snippets

 f myFuncと打つと、下記のようにfunction定義を展開してくれます。

function myFunc () {

}

 for x myArrayと打つと変数定義して、for文を展開してくれます。

var x;
for (x = 0; x < myArray.length; x++) {

}

ImageToData

 インストールすると、右のメニューにボタンが追加されます。ボタンクリックで表示されるダイアログで直接画像のURLを指定すると、Data URIに変換してくれます。

Image dimension extractor

 このプラグインをインストールすると、コンテキストメニューにGet image dimensionというメニューが追加されます。また、CSSファイル上の画像パスを記述している箇所で実行すると、画像の幅と高さのプロパティが追加されます。

String Convert

 文字列を変換するメソッドを、Editメニュー/コンテキストメニューに追加してくれるプラグインです。

 以下のメニューが使えるようになります。

To Upper Case/To Lower Case/HTML Entity Encode/HTML Entity Decode/Double to Single Quotes/Single to Double Quotes/Toggle Quotes/Encode URI Component/Decode URI Component Strip Trailing Whitespace/Convert Tabs to Spaces/Convert Spaces to Tabs

Special Html Characters

 コンテキストメニューに、特殊文字を表示するHTMLのショートカット機能を追加してくれるプラグイン。コピーライトやトレードマークなどの特殊文字を簡単に挿入できるようにしてくれます。

JSHint

 標準ではJSLintのパネルのみ搭載されています。このプラグインでJSHintのエラーパネルを追加できます。少しLineの列幅が広いのはご愛嬌です。

Interactive-Linter

 自前のlinterをプロジェクト単位で使えるようにしてくれるプラグイン。プロジェクトフォルダに.jshintrc/.jslintrc/.coffeelintrcを用意することで有効になり、エラー箇所の行頭にアテンションを出してくれます。

xUnit&Blanket

 Jasmine/QUnit/YUI3などのテストをサポートしてくれるプラグイン。JSのコードから自動でテスト定義を生成してくれる機能を備えています。詳しくは、YouTubeの紹介映像でご覧いただけます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 又村 洋史(マタムラ ヒロフミ)

    株式会社イノーヴ WEBクリエイター。キャンペーンサイト・コーポレートサイト・ECサイトを中心に手がける。 土日はWEBの学校クスールで非常勤講師としてJavaScriptなどを教えています。日々学ぶことばかり。個人ブログ「Deconcepter」ではWEBに関わる人が押さえておきたい情報の...

バックナンバー

連載:Adobe Developer Connection

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5