Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

5分でわかるActiveReports帳票-RDLレポート

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(2)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第2回の今回は、9.0Jで追加された新しいレポート形式であるRDLレポートの使い方を紹介します。

目次

備考

 ActiveReportsを使用した帳票アプリケーションの基本的な作成方法については、これまでの連載記事も併せてご参照ください。特に、1つ前のバージョンである7.0Jをもとに解説した2013年度版の記事は、9.0Jでもそのままご利用いただける内容となっています。また、2007/2008年度版の記事は3.0Jをもとに解説していますが、3.0Jのレポートと9.0Jのセクションレポートは名前空間や一部のAPIを除いて同じレポート形式であるため、セクションレポートの概念や基本的な使い方についてはこちらもご活用ください。

対象読者

  • Visual Basicまたは、Visual C#を使ってプログラムを作ったことのある方
  • 帳票作成ツールに興味のある方

必要な環境

  • Visual Studio 2010/2012/2013/2015のいずれかでプログラムが作れる環境
    • Express EditionではActiveReportsをインストールできません。また、Visual Studio 2015についてはService Pack 2で対応しています。

 本記事のサンプルコードは、C# 5.0/Visual Basic 2012で記述しています。

ActiveReports for .NET 9.0Jのインストール

 今回はじめてActiveReportsを使用する方は、まず開発用PCにActiveReportsをインストールする必要があります。ActiveReportsは有償の製品ですが、トライアル版(無償)が用意されています。グレープシティのWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください(インストール時の注意事項については、こちらのナレッジ文書をご参照ください)。

 ActiveReportsにはStandardとProfessionalの2つのエディションがありますが、今回はProfessionalをインストールします。各エディションの違いについては、こちらのナレッジ文書をご参照ください。

コントロールの追加

 インストール後は、すぐに帳票アプリケーションの開発を始められるようになっていますが、効率のよいアプリケーション開発のために、Visual StudioのツールボックスにActiveReportsのコントロールを追加しておきましょう。

 ツールボックスにコントロールを追加するには、メニューバーの[ツール]-[ツールボックスアイテムの選択]をクリックします。「ツールボックスアイテムの選択」ダイアログが表示されるので、追加したいコントロールにチェックを入れて[OK]ボタンを押します。詳しい手順については、製品ヘルプの[クイックスタート]-[ActiveReportsコントロールを追加する]をご参照ください。

ツールボックスにActiveReportsのコントロールを追加
ツールボックスにActiveReportsのコントロールを追加

 同じ端末に異なるバージョンのActiveReportsがインストールされていると、「ツールボックスアイテムの選択」ダイアログに、複数バージョンのコントロールが表示されます。1つのプロジェクトに、異なるバージョンのコントロールを混在させるとエラーが発生します。同じ端末に異なるバージョンのActiveReportsを共存させている場合は、バージョンをインストーラやリリースノートから確認し、コントロール使用時にバージョンが混在しないように注意してください(バージョンの詳しい確認方法については、こちらのナレッジ文書をご参照ください)。

RDLレポートのデザイン方式

 RDLレポートのレポート生成エンジンは、ページレポートと同じものを使用しています。このため、RDLレポートのデザイナで使用できるデータ領域やレポートアイテムは、ページレポートとほぼ共通となっています。

 一方で、デザイン方式は大きく異なります。ページレポートがページ単位で帳票を作成するのに対して、RDLレポートはページを意識せずに自由にデータを表示します。このデザイン方式の違いは、データ領域のFixedSizeプロパティの有無にはっきりと表れています。たとえば、Tableデータ領域をレポート上に配置すると、ページレポートではFixedSizeの領域(斜線の部分)が表示されているのに対して、RDLレポートではFixedSizeは表示されません。

ページレポートのTableデータ領域
ページレポートのTableデータ領域
RDLレポートのTableデータ領域
RDLレポートのTableデータ領域

 また、RDLレポートのデータ領域はデータ数に応じて伸長し、印刷の用紙サイズに収まりきらなくなった場合には、次ページに引き続きデータが表示されます。この動作は、固定レイアウトでページを作成するページレポートとは異なり、むしろセクションレポートに近いデザイン方式と言えます。なお、RDLレポートのデザイン方式の詳細については、技術資料「3つの帳票デザイン方式」(PDFファイル)をご参照ください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5