Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

5分でわかるActiveReports帳票-レイヤー

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(3)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第3回の今回は、9.0Jで追加された新機能である「レイヤー」の使い方を紹介します。

目次

備考

 ActiveReportsを使用した帳票アプリケーションの基本的な作成方法については、これまでの連載記事も併せてご参照ください。特に、1つ前のバージョンである7.0J をもとに解説した2013年度版の記事は、9.0Jでもそのままご利用いただける内容となっています。また、2007/2008年度版の記事は3.0Jをもとに解説していますが、3.0Jのレポートと9.0Jのセクションレポートは名前空間や一部のAPIを除いて同じレポート形式であるため、セクションレポートの概念や基本的な使い方についてはこちらもご活用ください。

対象読者

  • Visual Basicまたは、Visual C#を使ってプログラムを作ったことのある方
  • 帳票作成ツールに興味のある方

必要な環境

  • Visual Studio 2010/2012/2013/2015のいずれかでプログラムが作れる環境
    • Express EditionではActiveReportsをインストールできません。また、Visual Studio 2015についてはService Pack 2で対応しています。

 本記事のサンプルコードは、C# 5.0/Visual Basic 2012で記述しています。

レイヤーでできること

 9.0Jで追加された「レイヤー」機能は、ページレポートおよびRDLレポートで使用できます。

 レイヤーは「層」を意味します。レイヤー機能とは、一般的に画像編集ソフトによくある機能で、複数のレイヤーを作成し、各レイヤー上に画像の要素を配置しその重ね合わせで全体の画像を表現する機能です。

 ActiveReportsのレイヤー機能は、レポートデザイナ上に複数のレイヤーを作成し、各レイヤー上にレポートコントロールを配置できる機能です。 デザイン時にはレイヤーの表示/非表示や透明度を設定できるほか、実行時にはレイヤー毎に出力先(プレビュー、印刷、エクスポート)を設定できます。このレイヤー機能を使用することで、以下の要件に簡単に対応できます。

画像トレース

 既存の帳票をスキャンした画像を背景レイヤーに配置し、その上にレポートコントロールを配置して帳票レイアウトを作成できます。既存の帳票をActiveReportsに移行する場合に便利です。

プレ印字の用紙にデータのみ印刷する

 帳票のプレビュー時には、データとプレ印字の用紙(レイアウト枠線)を合わせて表示しますが、印刷する際にはデータのみプリンタに出力できます。 また、エクスポートにも同様に設定できます。

レイアウトテンプレートを作成する

 レイアウト用の罫線のみを配置したレイヤーを作成し、デザインテンプレートとして使用できます。 また、間違ってレイアウトを変更しないようにレイヤーをロックできます。

 今回は、「画像トレース」および「プレ印字の用紙にデータのみ印刷する」の2つの要件について、レイヤーの使い方を紹介します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5