Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Java」記事一覧

407件中101~120件を表示
  • 2012/01/23

    OSSのERP「ADempiere」を使ってノンプログラミングで基幹業務システムを構築する

     OSSのERP「ADempiere」(アデンピエレ)のフレームワークを利用し、CRUD(データ作成/読取/更新/削除)画面を、SQLとADempiere上の設定だけを使ってノンプログラミングで作成する手順を紹介します。この連載ではADempiereフレームワークを利用した工程管理表の作成を行います。

  • 6343_t.gif
    2012/01/05

    Androidにおける日付処理の基本

     Androidアプリケーションは、Java言語を用いて開発できます。Androidアプリケーションの開発にあたっては、米グーグル社が提供するAndroid SDK(Software Development Kit、開発キット)の知識は当然ながら、基本となるのはJava SEです。この連載では、Javaでの開発の基礎となるJava SEを、実際にAndroid上で実行できるソースコードとともに解説します。

  • 6309_t.gif
    2011/12/16

    整数オーバーフロー検出の3つのアプローチ ――mezzofantiのバグ修正

     Java/Androidの世界では、バッファオーバーフローが問題になることはありませんが、整数オーバーフローには注意する必要があります。今回は整数オーバーフローとその対策について、Androidアプリケーションの実例を交えながら紹介します。

  • title.gif
    2011/12/14

    ストリームでの入出力処理の基本

     Androidアプリケーションは、Java言語を用いて開発できます。Androidアプリケーションの開発にあたっては、米グーグル社が提供するAndroid SDK(Software Development Kit、開発キット)の知識は当然ながら、基本となるのはJava SEです。この連載では、Javaでの開発の基礎となるJava SEを、実際にAndroid上で実行できるソースコードとともに解説します。

  • title.gif
    2011/12/01

    Oracleの「Developer」で作成された画面をCurlで実装!

     この記事では、SCSKが提供する「VBマイグレーション」サービスを紹介します。今回は、Oracle社の「Developer」で作成された画面を、Curlで焼き直しする具体的な実装方法を解説します。

  • 2011/11/29

    ContentProviderのアクセス範囲 ――Dropboxにおける脆弱性の修正

     本連載では、セキュアコーディングスタンダード「CERT Oracle Secure Coding Standard for Java」の内容をベースに、Android特有の情報を交えつつ、堅牢なプログラムを開発するためのノウハウを具体的な事例とともに紹介していきます。第2回では、さっそくAndroidの話題をとりあげます。AndroidのContentProviderを使うときの注意点を解説します。

  • 2011/11/24

    Androidアプリ開発者なら押さえておきたい Javaセキュアコーディングの意味と効果

     本連載では、セキュアコーディングスタンダード「CERT Oracle Secure Coding Standard for Java」の内容をベースに、Android特有の情報を交えつつ、堅牢なプログラムを開発するためのノウハウを具体的な事例とともに紹介していきます。第1回では、セキュアコーディングの意味と、その効果について解説します。

  • title.gif
    2011/11/07

    JSF2+Ajaxの非同期通信を使った入力値の検証機能

     本連載は、Java Enterprise Edition 6(Java EE 6)の導入方法をはじめとして、新導入された仕様や概念を紹介していきます。今回は、前回作成したFaceletsに、入力値の検証機能を搭載する方法を紹介します。

  • 2011/09/28

    コレクションとAndroid非同期処理の基本

     Androidアプリケーションは、Java言語を用いて開発できます。Androidアプリケーションの開発にあたっては、米グーグル社が提供するAndorid SDK(Software Development Kit、開発キット)の知識は当然ながら、基本となるのはJava SEです。この連載では、Javaでの開発の基礎となるJava SEを、実際にAndorid上で実行できるソースコードとともに解説します。

  • 6078_t.gif
    2011/08/18

    java.langパッケージとグラフィックの基本処理

     Androidアプリケーションは、Java言語を用いて開発できます。Androidアプリケーションの開発にあたっては、米グーグル社が提供するAndorid SDK(Software Development Kit、開発キット)の知識は当然ながら、基本となるのはJava SEです。この連載では、Javaでの開発の基礎となるJava SEを、実際にAndorid上で実行できるソースコードとともに解説します。

  • title.gif
    2011/08/03

    JSF2の画面でAjaxの非同期通信を作る

     本連載は、Java Enterprise Edition 6(Java EE 6)の導入方法をはじめとして、新導入された仕様や概念を紹介していきます。今回も前回に引き続き、JSF(JavaServer Faces)を取り上げます。

  • 6026_t.gif
    2011/07/15

    Androidアプリにおけるユーザインタフェースの基本処理

     Androidアプリケーションは、Java言語を用いて開発することができます。Androidアプリケーションの開発にあたっては、米グーグル社が提供するAndroid SDK(Software Development Kit、開発キット)の知識は当然ながら、基本となるのはJava SEです。この連載では、Javaでの開発の基礎となるJava SEを、実際にAndroid上で実行できるソースコードとともに解説します。

  • title.gif
    2011/06/29

    Android開発におけるクラスのおさらいと主なメソッド

     Androidアプリケーションは、Java言語を用いて開発することができます。Androidアプリケーションの開発にあたっては、グーグル社が提供するAndorid SDK(Software Development Kit、開発キット)の知識は当然ながら、基本となるのはJava SEです。この連載では、Javaでの開発の基礎となるJava SEを、実際にAndroid上で実行できるソースコードとともに解説します。

  • 5998_a.jpg
    2011/06/20

    CDI、非同期処理、JAX-RS、OSGi――各ベンダー製品が出そろってきた今こそJava EE6の仕様をおさらいしよう

    2009年12月に、エンタープライズWebアプリケーションの実行基盤「Java Enterprise Edition」(以下、Java EE)の最新バージョン「Java EE 6」がJava Community Process(以下、JCP)によって承認された。今後は各ベンダーからJava EE 6に対応した製品が徐々に提供されるようになるだろう。このあたりでJava EE 6の特徴とメリットについておさらいしておきたいところだろう。今回は、日本IBMでWebSphere Application...

  • title.gif
    2011/06/17

    JSF2でアプリケーションのビューを作成する

     本連載は、Java Enterprise Edition 6(Java EE 6)の導入方法をはじめとして、新導入された仕様や概念を紹介していきます。今回は、Java Enterprise Edition 6で採用されたJSF(JavaServer Faces)について紹介します。

  • 5957_t.gif
    2011/06/14

    サンプルアプリでおぼえる実践的Android入門

     本稿はサンプルアプリの作成を通じてAndroid開発について解説していきます。電卓アプリをサンプルとして使用します。実用に耐えうる電卓アプリの基盤を作成し、実践的なソースコードの作り方を学びます。本稿を読み終えた後は、電卓アプリにさらに機能追加が可能となり、あなただけのカスタマイズ電卓が作成できるようになります。

  • 5920_t.gif
    2011/06/01

    サーブレット3.0の新機能

     本連載は、Java Enterprise Edition 6(Java EE 6)の導入方法をはじめとして、新導入された仕様や概念を紹介していきます。今回は、Java Enterprise Edition 6の基本となるサーブレットの基本、新しくなったサーブレット3.0の仕様を紹介します。

  • 5943_t.gif
    2011/05/30

    Android開発のための環境準備

     Androidアプリケーションは、Java言語を用いて開発することができます。Androidアプリケーションの開発にあたっては、グーグル社が提供するAndorid SDK(Software Development Kit、開発キット)の知識を要するのは当然ながら、基本となるのはJava SEです。この連載では、Javaでの開発の基礎となるJava SEを、実際にAndorid上で実行できるソースコードとともに解説します。

  • 5895_a.jpg
    2011/05/20

    Android女子部が初体験~Flash Builder 4.5で作るAIR for Androidアプリ

     ついに発売されたFlash Builder 4.5。注目ポイントはやはりAndroidアプリ開発に対応したことだろう。そこで今回は、Android女子部の面々にいち早くFlash Builder 4.5を使ったAndroidアプリ開発を体験してもらった。普段からAndroid開発に携わる彼女たちの目に、Flash Builder 4.5はどのように映ったのだろうか?

  • 5872_A2.gif
    2011/05/09

    Flash Builder 4.5でAndroidアプリ開発 ~概要から作成手順の基本まで最速解説!

     5月頭からついに試用版ダウンロードが開始された統合開発環境「Flash Builder 4.5」。バージョンアップによりAndroidアプリケーション開発に対応し、手軽に高度なAndroidアプリが開発できるようになりました。本稿ではチュートリアルを通して、新バージョンの概要、そして具体的な作成のフローを解説していきます。

407件中101~120件を表示
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5