Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Java」記事一覧

415件中41~60件を表示
  • 2016/05/13

    Androidアプリ開発の基本 ~ ビューとアクティビティ

     Androidアプリを開発するにはAndroid Studioを使います。そのAndroid Studioのメジャーアップデートであるバージョン2.0のベータ版が公開されました。本連載では、正式版に先駆けて一足先にAndroid Studio 2.0ベータ版を使い、Androidアプリ開発の基本を解説していきます。前回までで開発環境が整いました。今回から少しずつアプリの作成方法を解説していきます。今回は、画面の作成方法です。

  • 2016/04/08

    Android Studio 2による初めてのAndroidアプリ開発

     Androidアプリを開発するにはAndroid Studioを使います。そのAndroid Studioのメジャーアップデートであるバージョン2.0のプレビュー版が公開されました。本連載では、正式版に先駆けて一足先にAndroid Studio 2.0プレビュー版を使い、Androidアプリ開発の基本を解説していきます。今回は、前回に引き続き、Android Studioを使ったアプリ開発環境を作ります。

  • 2016/03/01

    Android Studio 2によるAndroidアプリ開発の環境構築

     Androidアプリを開発するには、開発環境としてAndroid Studioを使います。そのAndroid Studioのメジャーアップデートであるバージョン2.0のプレビュー版が公開されました。本連載では、正式版に先駆けて一足先にAndroid Studio 2.0プレビュー版を使い、Androidアプリ開発の基本を解説していきます。

  • 2016/01/26

    Javaのデシリアライズに関する問題への対策

     前回までに、Apache Commons Collectionsライブラリの脆弱性を発端に、Javaのデシアライズに関する一般的なセキュリティ問題の危険性を説明した。今回は、それを踏まえ、具体的な対処方法について解説する。

  • 2016/01/18

    Javaのデシリアライズに関する問題

     前回、Apache Commons Collectionsライブラリの脆弱性について、問題の詳細と攻撃の仕組みを解説した。今回は、それを踏まえ、より一般的なJavaのデシリアライズの問題について解説する。

  • 2016/01/05

    業務系JavaエンジニアがAndroid開発をする上で押さえておきたい3つのJava構文

     JSP/サーブレットによるWebアプリ開発を行ってきた業務系JavaエンジニアがAndroidアプリ開発を行おうとする際に、まずつまずくJava構文が存在します。具体的には、無名クラス、メンバクラス、メンバインターフェースです。これらはJavaに標準で存在する構文にも関わらず、Webアプリではほとんど使う機会がありません。本稿では、これら3つの構文を紹介することで、業務系JavaエンジニアがAndroidアプリ開発の分野で活躍できるようになることを目的とします。

  • 2015/12/24

    もっとJavaJavaしませんか? 『Java EE 7徹底入門』著者3人が語る新しいJava EE 7とその野望

     翔泳社では12月15日、企業システムを開発するフレームワーク「Java EE」の最新バージョンを解説した『Java EE 7徹底入門』を刊行しました。今回、著者である日本オラクル・Javaコンサルタントの皆さんに、Javaは触ったことがあってもJava EEを知らない方や、もっとステップアップしたい方に向けて、本書の特徴やJava EEの強みをうかがいました。

  • 2015/12/11

    Apache Commons Collectionsの脆弱性解説

     2015年11月にApache Commons Collectionsのデシアライズ実装に由来する脆弱性が大きな話題となった。本稿では、本問題を正しく理解し本質的な対応を取れるように、問題の概要や攻撃の仕組みについて技術解説を行う。

  • 2015/08/06

    DMM.comにおけるVert.xの活用ポイントと、最新3.0系での変更点

     前回はVert.xを利用して簡単なRESTインターフェースによるJDBCアプリケーションの作成をしてみました。最終回となる今回は、DMMが実際に開発したアプリケーションについて少しだけご紹介したいと思います。構成はサンプルアプリケーションに近いものですが、基本的にmod-jdbc-persisterなど公開されているモジュールは利用せず、必要にあわせてモジュールを作成しています。

  • 2015/07/27

    Javaの基本的な演算と制御構文

     前回はJavaの基本的な文法について、Javaのクラスをどのように宣言し、そのクラスがどのようにデータを設定され、処理を実行するメソッドを呼び出すのかについて見てきました。今回はメソッドは何ができるのかについて、Javaで行える基本的な演算と制御構文を中心に見ていきます。

  • 8804_02.jpg
    2015/07/21

    気軽に始められるAndroidアプリ開発の魅力とは? 「ほんきで学ぶ」入門書の著者・寺園氏に訊く

     いま女子高生の80%、日本人の45%がiOSユーザーです。アプリ開発を始めようと考えている方にとって、AndroidとiOS、どちらにすればいいのかは迷いどころ。仕事だけでなく、趣味としてもアプリ開発を考えている方の疑問を解消するため、今回、翔泳社が7月13日(月)に刊行した『ほんきで学ぶAndroidアプリ開発入門』の著者・寺園聖文さんにお話をうかがいました。

  • 8834_t.jpg
    2015/07/17

    JAX-RS/CDIのサポートでマイクロサービスの開発も容易に ~ Java EE 7正式対応で大幅強化された「WebSphere Application Server Liberty Core」

     IBMが提供している「WebSphere Application Server Liberty Core」は、Webアプリケーションをはじめとする比較的軽量なシステムの開発および実行に特化したJavaアプリケーションサーバーである。同社のアプリケーションサーバー「WebSphere Application Server」(以下、WAS)のラインナップの一つとして提供されており、他のエディションに比べて少ないリソースで軽量な動作を実現している点が大きな特徴だ。

  • 8822_03.png
    2015/07/13

    アプリ開発をしたい方、必見! UI設計から公開までを押さえた『ほんきで学ぶAndroidアプリ開発入門』刊行

     翔泳社では7月13日(月)、知識ゼロからAndroidアプリを開発できる『ほんきで学ぶAndroidアプリ開発入門』を刊行しました。手軽で敷居が低いAndroidアプリですが、何からやればいいのか分からず手をつけていない方もいらっしゃるはず。ぜひ本書で「入門」してみてください。

  • 8712_t.gif
    2015/06/08

    Vert.xによる簡単なRESTアプリケーションの作成

     前回はVert.xの構造、仕組みについて、少し深めに説明してみました。今回は、その構造を踏まえた上で、RESTインターフェースによる簡単なJDBCアプリケーションの作成をしてみたいと思います。なお、Vert.x 3.0のリリースがそろそろ近いと思われますが、この記事では2.1.5を使用しています。また、Java 7のサポート期限も切れましたのでJava 8を使用します。

  • 7839_t.gif
    2015/05/19

    Javaの基本的な文法

     前回はJavaで業務アプリの開発を行うための開発環境を構築し、プログラム言語の世界では慣例になっているHelloWorldアプリケーションを作成しました。今回はJavaのソースコードの読み書きができるようになり、Javaのアプリケーションを作成できるように、まずはJavaの文法の基本的なことについて学んでいきましょう。

  • 8629_t.jpg
    2015/04/08

    「開発コミュニティとともに歩み、成長してきたJavaの20年」 ―Java Day Tokyo 2015基調講演レポート

     日本オラクルは4月8日、Javaテクノロジーの最新動向を紹介するイベント「Java Day Tokyo 2015」を東京国際フォーラム(東京・有楽町)で開催。2500名の参加登録者が会場に詰めかけた。

  • lambda.png
    2015/03/27

    ラムダ式でTemplate Methodパターン+Factory Methodパターンで実装されたコードをシンプルにする ~ 継承から委譲、そして単なる手続きへ

     これまでの連載では、Commandパターン、Strategyパターン、Observerパターンのプログラムについて、プログラムの基本的な構造を変えずにラムダ式に置き換えてきました。既存のプログラムの構造を大きく変えずに使えることはラムダ式の利点の1つですが、時には構造を大きく変えてラムダ式を活用することで、よりよい設計が実現できる場合があります。連載最終回となる本稿では、そのような例を取り上げます。

  • 8506_t.gif
    2015/03/25

    Vert.xのモジュールの構造と仕組み

     前回はVert.xのモジュールの開発環境を作成し、簡単に動作を確認してみました。今回は、Vert.xの構造、仕組みについて前回よりも深めに説明してみたいと思います。

  • lambda.png
    2015/02/24

    ラムダ式でObserverパターンで実装されたコードをシンプルにする ~ オブザーバオブジェクトはラムダ式によって簡潔に生成できる

     Java SE 8で追加された構文要素「ラムダ式」を使うと、デザインパターンで解決しようとしていた問題を、ずっと素直なコードで実装できます。本連載では、デザインパターンを使って書かれたコードを、ラムダ式を使ってシンプルなコードに書き換えながら、ラムダ式の使いどころ・使い方を学んでいきます。今回行うのは、Observerパターンの書き換えです。

  • 8459_t.gif
    2015/02/17

    Liferayポータルと、XML Portlet Factoryを使ってCRUDを備えたポートレットを自動生成する

     第3回目では、モバイルアプリ(iOS)のバックエンドとしてLiferayポータルを使う例を紹介しました。今回はLiferayのコアデベロッパーであるJuan Gonzalezが作成したXML Portal Factoryを使用して、XMLを使ってCRUD機能を自動生成させてみます。いわゆるRuby on Railsなどで使えるScaffolding(作成、編集、削除、閲覧機能の雛形を自動生成する)に近いことをLiferayでもできるようになります。

415件中41~60件を表示
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5