Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「JavaScript」記事一覧

278件中21~40件を表示
  • 2016/09/05

    AngularJSアプリに役立つ小粒なライブラリ ~ 可変パネル/CSV生成/カウントダウン機能

     AngularJSは、テンプレートエンジン、データバインディング、ルーティング、DIコンテナーなどなど、Webアプリのフロントエンドを開発するために必要な機能をあまねく揃えたフルスタックのフレームワークです。もっとも、本格的な開発ではそれだけで賄えるわけではなく、要件に応じて、周辺のモジュールと連携するのが一般的です。本連載では、AngularJSで利用できる拡張ライブラリを、具体的な利用例とともに紹介します。

  • 2016/08/31

    「Angular 2」のデータバインディングとディレクティブ記述法

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。今回はAngularJSの特徴的な機能であるデータバインディングとディレクティブの記述法を、現行バージョン(AngularJS 1)と比較しながら説明します。

  • 2016/08/26

    イマドキの業務WebアプリをめぐるASP.NETの現状と、表・帳票機能の開発に便利な「SpreadJS」の紹介

     Webの業務アプリケーションにおいて、データを表で出力したいケースは非常に多いです。本連載では、エクセルのように高機能な表・帳票機能を実装できるライブラリ「SpreadJS 9J」を紹介します。データをサーバーサイドで処理し、フロントサイドの「SpreadJS」にて描画をする場合は、ASP.NET MVCのようなWebフレームワークが有効です。第1回は、ASP.NET MVCとTypeScript、Visual Studio 2015を使って、トライアル版のSpreadJSを導入するまでの流れ...

  • 2016/08/04

    AngularJSアプリの入力生産性を向上する3種のライブラリ

     AngularJSは、テンプレートエンジン、データバインディング、ルーティング、DIコンテナーなどなど、Webアプリのフロントエンドを開発するために必要な機能をあまねく揃えたフルスタックのフレームワークです。もっとも、本格的な開発ではそれだけで賄えるわけではなく、要件に応じて、周辺のモジュールと連携するのが一般的です。本連載では、AngularJSで利用できる拡張ライブラリを、具体的な利用例とともに紹介します。

  • 2016/07/28

    最新トレンドを取り込んで進化する次世代AngularJS「Angular 2」最初の一歩

     Webアプリケーションフレームワークとして知られる「AngularJS」の次世代版「Angular 2」がまもなくリリースされます。そこで本連載では、Angular 2の活用方法をサンプルとともに紹介していきます。初回となる今回は、Angular 2の概要を紹介し、Angular 2の最初の一歩を踏み出すためのサンプルコードを作っていきます。

  • 2016/06/10

    開発環境の便利機能で「Wijmo(ウィジモ) 5」開発をパワーアップ

     本連載では、グレープシティが提供するJavaScriptライブラリWijmo(ウィジモ)について、サンプルとともに利用例を紹介します。今回はVisual Studioなどの開発環境と組み合わせて、Wijmoを用いた開発をより効率よく行う方法について紹介します。

  • 2016/06/01

    モジュール管理を簡単にするBrowserifyをAPIや他ツール連携で使いこなす

     本連載では主にHTML/JavaScript開発作業を効率化する様々なツールやライブラリを紹介します。前回紹介したBrowserifyは、Node.jsのモジュール依存解決に利用されるrequireメソッドを含むJavaScriptコードを変換して、Webブラウザでも動作させられるツールです。今回はコマンドラインオプションやAPI、Watchifyの変更監視機能、gulpと組み合わせた利用など、Browserifyの応用的な利用例を説明します。

  • 2016/05/23

    AngularJSアプリでイベントカレンダーを実装する - UI Bootstrap/UI Calendar

     AngularJSは、テンプレートエンジン、データバインディング、ルーティング、DIコンテナーなどなど、Webアプリのフロントエンドを開発するために必要な機能をあまねく揃えたフルスタックのフレームワークです。もっとも、本格的な開発ではそれだけで賄えるわけではなく、要件に応じて、周辺のモジュールと連携するのが一般的です。本連載では、AngularJSで利用できる拡張ライブラリを、具体的な利用例とともに紹介します。

  • 2016/05/17

    マイクロソフト製品にも採用された「Wijmo(ウィジモ) 5」のモバイルWeb部品

     本連載では、グレープシティが提供するJavaScriptライブラリWijmo(ウィジモ)について、サンプルとともに利用例を紹介します。今回はマイクロソフト製品にも採用されたWijmo 5のモバイル向けUI部品について、採用事例とサンプルコードを示しながら紹介します。

  • 2016/05/12

    5分でわかるActiveReports帳票-ActiveReports Server(応用編)

     本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第8回の今回は、9.0Jで追加された新機能である「ActiveReports 9.0J Server」の応用的な使用方法について説明します。なお、ActiveReports 9.0J ServerはProfessional版のみの機能です。

  • 2016/05/10

    Node.jsのモジュール依存解決メソッドをブラウザでも使えるBrowserify

     本連載では主にHTML/JavaScript開発作業を効率化する様々なツールやライブラリを紹介します。今回は、Node.jsで別のJavaScriptモジュールを参照するためのrequireメソッドをWebブラウザでも利用できるようにJavaScriptをビルドするツール、Browserifyを取り上げます。Browserifyを使えば、Webブラウザで実行するJavaScriptでNode.jsのモジュールを利用したり、JavaScriptファイル同士の依存関係をシンプルに管理したりできます...

  • 2016/04/25

    AngularJSアプリで日付/時刻を入力するライブラリ - UI Bootstrap(Datepicker/Timepicker)

     AngularJSは、テンプレートエンジン、データバインディング、ルーティング、DIコンテナーなどなど、Webアプリのフロントエンドを開発するために必要な機能をあまねく揃えたフルスタックのフレームワークです。もっとも、本格的な開発ではそれだけで賄えるわけではなく、要件に応じて、周辺のモジュールと連携するのが一般的です。本連載では、AngularJSで利用できる拡張ライブラリを、具体的な利用例とともに紹介します。

  • 2016/04/14

    AngularJSアプリに地図を導入する - Angular Google Maps

     AngularJSは、テンプレートエンジン、データバインディング、ルーティング、DIコンテナーなどなど、Webアプリのフロントエンドを開発するために必要な機能をあまねく揃えたフルスタックのフレームワークです。もっとも、本格的な開発ではそれだけで賄えるわけではなく、要件に応じて、周辺のモジュールと連携するのが一般的です。本連載では、AngularJSで利用できる拡張ライブラリを、具体的な利用例とともに紹介します。

  • 2016/04/13

    画像に反応してARオブジェクトが飛び出す! Wikitudeで「画像認識型AR」Androidアプリを作ってみよう

     ARは、スマホのカメラで周囲の風景を映すと、その風景にデジタル的な追加情報(ARオブジェクト)を付与して表示する表現方法です。その中でも「画像認識型AR」は、緯度経度ではなくスマホのカメラに映った画像に対してデジタル的な追加情報(ARオブジェクト)を付与して表示します。Wikitude SDKを使用するとターゲット画像の解析とARオブジェクトの表示を簡単に実現できます。

  • 2016/03/24

    Markdownテキストを整形するAngular Markedとコードをハイライト整形するAngular Highlightjs

     AngularJSは、テンプレートエンジン、データバインディング、ルーティング、DIコンテナーなどなど、Webアプリのフロントエンドを開発するために必要な機能をあまねく揃えたフルスタックのフレームワークです。もっとも、本格的な開発ではそれだけで賄えるわけではなく、要件に応じて、周辺のモジュールと連携するのが一般的です。本連載では、AngularJSで利用できる拡張ライブラリを、具体的な利用例とともに紹介します。

  • 2016/03/10

    「Wijmo(ウィジモ) 5」のExcelライクスプレッドシートFlexSheet

     本連載では、グレープシティが提供するJavaScriptライブラリWijmo(ウィジモ)について、サンプルとともに利用例を紹介します。今回は2016年1月のアップデートで正式版になったスプレッドシートコンポーネント「FlexSheet」について、サンプルを交えて利用方法を紹介します。

  • 2016/02/24

    JavaScriptタスク自動化ツールgulpのAPI説明と実践的な利用例

     本連載では主にHTML/JavaScript開発作業を効率化する様々なツールやライブラリを紹介します。前回は様々なタスクを実行する自動化ツールgulpの基本的な利用法を説明しましたが、今回は前回紹介しきれなかったgulpの機能や利用例を、サンプルを交えて説明していきます。

  • 2016/02/24

    位置情報と連動したAR! Wikitudeで「ロケーションベース型AR」Androidアプリを作ってみよう

     ARは、スマホのカメラで周囲の風景を映すと、その風景にデジタル的な追加情報(ARオブジェクト)を付与して表示する表現方法です。このとき、どこに追加情報を表示するかの判断を緯度経度といったロケーションをベースとして判断するのが「ロケーションベース型AR」の特徴です。Wikitude SDKを使ってロケーションベース型ARアプリを作成すると、現在位置とARオブジェクトをSDKに渡すだけで、適切なAR表示が実現できます。今回は、その中のロケーションベース型ARについて、Wikitudeを使ってAnd...

  • 2016/02/04

    AngularJSアプリ開発に役立つ小粒なライブラリ ~ ストレージ/イベント処理/入力値検証

     AngularJSは、テンプレートエンジン、データバインディング、ルーティング、DIコンテナーなどなど、Webアプリのフロントエンドを開発するために必要な機能をあまねく揃えたフルスタックのフレームワークです。もっとも、本格的な開発ではそれだけで賄えるわけではなく、要件に応じて、周辺のモジュールと連携するのが一般的です。本連載では、AngularJSで利用できる拡張ライブラリを、具体的な利用例とともに紹介します。

  • 2016/01/14

    画像/音声ファイルを操作するAngularJSライブラリ ~ カルーセル/フルスクリーンモード/再生プレイヤー

     AngularJSは、テンプレートエンジン、データバインディング、ルーティング、DIコンテナーなどなど、Webアプリのフロントエンドを開発するために必要な機能をあまねく揃えたフルスタックのフレームワークです。もっとも、本格的な開発ではそれだけで賄えるわけではなく、要件に応じて、周辺のモジュールと連携するのが一般的です。本連載では、AngularJSで利用できる拡張ライブラリを、具体的な利用例とともに紹介します。

278件中21~40件を表示
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5