Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

rpm

RPM形式のパッケージを操作する
2015/05/20 08:00

対応OS: linux
rpm -i|-U|-F|-e [options] PKGNAME
rpm -q [options]

 rpmコマンドは、RPM形式のパッケージをインストール、アップグレード、情報の参照を行います。Linuxでのみ使用可能です。

パッケージ

 UNIXにソフトウェアをインストールする場合、複数のアプリケーションで同じファイルを使用することがあります。つまりアプリケーション間の依存関係が存在するわけです。

 例えば、あるアプリケーションを更新する際に、別のアプリケーションと共有しているファイルを置き換えることによって、もう一方のアプリケーションが、整合性の問題から起動できなくなるという場合があります。

 このように複雑に絡み合った依存関係を検査し、問題が発生しないようにアプリケーションのファイルとともに依存関係情報を記述したファイルをまとめたものを、パッケージといいます

RPM

 RPM(Red hat Package Manager)はLinuxの中でもRedHat系といわれるディストリビューションで採用されているパッケージ管理ツールです。

 ソフトウェアをインストールする際には、必ずしも必要なファイルすべてがインストールされるわけではありません。ライブラリというものがその代表ですが、複数のパッケージをインストールすることで、ひとつのアプリケーションが動作するのです。このパッケージ同士の関係を依存関係と呼びます。

 パッケージ管理ツールは、あるパッケージをインストールする場合に、どのパッケージが必要か、などの情報を効率的に管理する役割を担います。

 Linux系OSでは、RPMの他にDebian系のディストリビューションで使われるdebパッケージ管理があります

オプション
① -i
PKGNAMEで指定したパッケージをインストールします。
② -U
PKGNAMEで指定したパッケージをアップグレードします。この時、PKGNAMEで指定したパッケージがインストールされていない場合には、新規でインストールします。
③ -F
PKGNAMEで指定したパッケージをアップグレードします。この時、PKGNAMEで指定したパッケージがインストールされていない場合には、何もしません。
HINT!

 新しいパッケージはインストールし、既にインストール済みのパッケージはアップグレードするという場合は、オプション「-U」を指定し、純粋にアップグレードだけを行いたい場合はオプション「-F」を指定する、といった使い分けをします

④ -e
PKGNAMEで指定したパッケージをアンインストールします。
⑤ -q
パッケージの情報を参照(問い合わせ)します。ここでいう情報とは、インストール済みパッケージの一覧や、パッケージのファイル構成、ある特定のパッケージの詳細情報などです。
HINT!

 rpmコマンドには、この他非常に多くのオプションが存在します。付録にまとめていますので、そちらをご覧ください

引数
① PKGNAME
操作するパッケージ名を指定します。
パッケージをインストールする
# rpm -ivh xpdf-japanese-2.01-8.i386.rpm 
インストールの進行状況を表示しながら、パッケージをインストール
Preparing... ########################################### [100%]
package xpdf-japanese-2.01-8 is already installed
#
HINT!

 [options]については付録のコマンド追記をご覧ください

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5