Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

userdel

ユーザのアカウントを削除する
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , solaris
userdel [-r] LOGIN

 userdelコマンドは、LOGINで指定したユーザのアカウントを、システム上から削除します。

HINT!

 システム管理の視点で考えた場合、ユーザを削除すると、そのユーザが作成したファイルの持ち主がいなくなってしまうことが問題になります。そのため、ユーザを削除するのではなく、ログインできなくするのが一般的です。ユーザをログインできなくするにはusermodコマンドを使用します。

 usermodコマンド

オプション
① -r
ユーザのホームディレクトリ以下、すべてのファイルを削除します。またユーザのメールスプールも削除します。
メールスプール

 メールスプールとは、郵便箱のようなもので、メールがサーバに届くと、いったんこのメールスプールという場所に格納されます。ユーザがこのメールをメールソフトなどで、読み込むこと(郵便箱に手紙を取りにいくように)により見ることができます

引数
① LOGIN
削除する既存のユーザ名を指定します。
ユーザ「user0002」をホームディレクトリも含め削除する
# ls -la /home/user0002 
合計40
drwx------ 3 user0002 user0002 4096 4月 17 10:38 .
drwxr-xr-x 10 root root 4096 4月 17 10:38 ..
(中略)
# userdel -r user0002
# ls -la /home/user0002
ls: /home/user0002: そのようなファイルやディレクトリはありません
ホームディレクトリ削除の確認
# su - user0002
su: user user0002 does not exist
ユーザ削除の確認
HINT!

 lsコマンド・suコマンド

有償を選ぶか無償を選ぶか

 SolarisはOSに対価を支払わなければなりません。このようなUNIXを商用UNIXといいます。0Sとしての信頼性が高く、サポートもあるのでそれに対する価格という意味合いがあります。一方、LinuxやFreeBSDなどは、OSとしては無料です。ですからOSに対するサポートもありません。ただし、このLinuxやFreeBSDにサポートというサービスと商用のアプリケーションを同梱し有償で販売しているものもあります。ですから、これからUNIXを始めようとしている方で、インストールに不安があるとか問題が起こった時にどう対処すればよいのかわからないから不安があるということであれば、このようなディストリビューション(有償のもの)を購入されるのもひとつの方法でしょう。

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5