Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

5分でわかるActiveReports帳票-HTML5ビューワ

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(4)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第4回の今回は、9.0Jで追加された新機能である「HTML5ビューワ」の使い方を紹介します。なお、HTML5ビューワはProfessional版のみの機能です。

目次

備考

 ActiveReportsを使用した帳票アプリケーションの基本的な作成方法については、これまでの連載記事も併せてご参照ください。特に、1つ前のバージョンである7.0J をもとに解説した2013年度版の記事は、9.0Jでもそのままご利用いただける内容となっています。また、2007/2008年度版の記事は3.0Jをもとに解説していますが、3.0Jのレポートと9.0Jのセクションレポートは名前空間や一部のAPIを除いて同じレポート形式であるため、セクションレポートの概念や基本的な使い方についてはこちらもご活用ください。

対象読者

  • Visual Basicまたは、Visual C#を使ってプログラムを作ったことのある方
  • 帳票作成ツールに興味のある方
  • iPad/iPhoneで帳票を閲覧したい方
  • ASP.NET MVCフレームワークを使用して帳票アプリケーションを作成したい方

必要な環境

  • Visual Studio 2010/2012/2013/2015のいずれかでプログラムが作れる環境
    • Express EditionではActiveReportsをインストールできません。また、Visual Studio 2015についてはService Pack 2で対応しています。

 本記事のサンプルコードは、C# 5.0/Visual Basic 2012で記述しています。

HTML5ビューワ登場の背景

 はじめに、9.0Jで「HTML5ビューワ」が追加された背景について紹介します。

Web環境の変化

 ActiveReportsのProfessional版は従来からWebアプリケーションの作成をサポートしており、Webフォーム用のコントロールとしてWebViewerコントロールを提供しています。バージョン9.0Jでは、以下のモードが使用できます。

RawHtml

 レポートを単一のHTMLページとして表示します。印刷やページ移動の機能はありません。またHTMLの制限上、一部の図形表示は制限されます。

Htmlビューワ

 レポートをHTMLページとして表示する点ではRawHtmlと同じですが、印刷、ページ移動、検索、パラメータなどの機能が使用できます。

PDFビューワ

 レポートをPDFファイルに出力して表示します。プレビューにはブラウザのプラグイン(Adobe Reader)を使用します。

Flashビューワ

 レポートをFlashコントロールに表示します。プレビューにはブラウザのプラグイン(Adobe Flash Player)を使用します。印刷、ページ移動、検索、単一・複数・連続ページ表示、 拡大/縮小表示などの機能が使用できます。

 この他に、バージョン3.0JまではActiveXビューワが使用可能でした。これは、ActiveXコントロールを使用してレポートを表示するものですが、セキュリティの脆弱性の問題がたびたび指摘されたり、Internet Explorer以外のブラウザがシェアを伸ばしたりするなど、環境の変化とともに使いにくいものとなっていきます。なお、Microsoft EdgeではActiveXは非サポートとなっています。

 このため、バージョン6.0JではActiveXビューワに代わってFlashビューワが導入されました。これはFlash技術をベースにするもので、サポート環境には含まれていませんが、Adobe Flash Playerが動作するブラウザであればInternet Explorer以外でも動作します。ところが、その後Flashにも逆風が吹いてきます。モバイルデバイスの増加により、Flashを表示できない環境が増えてきたためです。また、ASP.NET Webアプリケーションの開発トレンドを見てみると、従来のWebフォームからASP.NET MVCに大きく転換しつつあります。こういったWeb環境の大きな変化に加えて、パラメータを含む対話的な機能に対応したリッチなビューワを望む声やActiveReports Serverに対応したビューワの必要性に応える形で開発されたビューワが、9.0Jの「HTML5ビューワ」です。

HTML5ビューワの特長

 HTML5ビューワは、ActiveReports 9.0J WebサービスまたはActiveReports 9.0J ServerでホストされているレポートをプレビューできるJavaScriptコンポーネントです。また、ASP.NET MVCフレームワークを使用したWebアプリケーションの作成が可能です。

 動作環境はInternet Explorer/Microsoft Edgeに加えて、ChromeおよびSafari for iOS(iPad/iPhone)をサポートしており、モバイルデバイスでの表示が可能です。なお、ビューワのUIは閲覧するデバイスに合わせてAPIで切り替えることができます。

左:デスクトップ形式のUI	右:モバイル形式のUI
左:デスクトップ形式のUI 右:モバイル形式のUI

 また、ビューワのツールバーから印刷および、他のファイル形式(PDF、Excel、Word、HTML、TIFF)への保存が可能です。

 なお、HTML5ビューワの印刷機能は、内部的にPDFエクスポートでPDFファイルを生成し、PDFファイルを印刷しています。

 HTML5ビューワの動作については、グレープシティのオンラインデモをご参照ください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5