Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

5分でわかるActiveReports帳票-Mapコントロール

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(5)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第5回の今回は、9.0Jで追加された新機能である「Mapコントロール」の使い方を紹介します。なお、MapコントロールはProfessional版のみの機能です。また、ページレポートおよびRDLレポートで使用できます。

目次

備考

 ActiveReportsを使用した帳票アプリケーションの基本的な作成方法については、これまでの連載記事も併せてご参照ください。特に、1つ前のバージョンである7.0Jをもとに解説した2013年度版の記事は、9.0Jでもそのままご利用いただける内容となっています。また、2007/2008年度版の記事は3.0Jをもとに解説していますが、3.0Jのレポートと9.0Jのセクションレポートは名前空間や一部のAPIを除いて同じレポート形式であるため、セクションレポートの概念や基本的な使い方についてはこちらもご活用ください。

対象読者

  • Visual Basicまたは、Visual C#を使ってプログラムを作ったことのある方
  • 帳票作成ツールに興味のある方
  • 帳票に地図を表示したい方
  • 地理情報を持つ分析レポートを作成したい方

必要な環境

  • Visual Studio 2010/2012/2013/2015のいずれかでプログラムが作れる環境
    • Express EditionではActiveReportsをインストールできません。また、Visual Studio 2015についてはService Pack 2で対応しています。

 本記事のサンプルコードは、C# 5.0/Visual Basic 2012で記述しています。

Mapコントロールの機能

 Mapコントロールは、レポート上に地図を表示するレポートコントロールです。また、複数のレイヤーを使用して、地図上に分析データを重ねて表示(例:地図上に店舗別の売上金額を表示)することが可能です。使用できるレイヤーの種類は、以下の通りです。

レイヤーの種類 表示できるデータ
タイルレイヤー タイル画像(地図、航空写真、地形などの画像)を表示します。
多角形レイヤー ポリゴンデータ(都道府県、市町村などの区域情報)を表示します。
線レイヤー ラインデータ(道路、線路などの線情報)を表示します。
ポイントレイヤー ポイントデータ(都市、名所旧跡などの位置情報)を表示します。

構成要素

 Mapコントロールは、ビューポート、カラースケール、距離スケール、凡例、およびタイトルで構成されます。また、デザイン時にはレイヤーペインおよびコントローラペインが表示されます。

Mapコントロールの構成要素
Mapコントロールの構成要素

 各構成要素の機能は、以下の通りです。

構成要素 機能
ビューポート 地図を表示するメインエリアです。複数のレイヤーを使用して、空間データ(地図)や分析データ(統計)を表示できます。
カラースケール マップの色に対応する情報を表示します。
距離スケール 距離情報を表示します。
凡例 分析データの情報を表示します。
タイトル タイトルを表示します。
レイヤーペイン レイヤーの追加および表示方法を設定します。複数のレイヤーを使用できます。
※このペインは、デザイン時にのみ表示されます。
コントローラペイン 地図の表示位置およびズーム値を設定します。
※このペインは、デザイン時にのみ表示されます。

プロパティ

 Mapコントロールで設定できる主なプロパティについて説明します。

プロパティ 機能
Viewport ビューポートエリアの設定を行います。
CoordinateSystem 座標系を設定します。
「Planner」は、地図を単にXY平面として表示します。「Geographic」は、投影法を使用して経度/緯度で表示します。通常、空間データを使用する場合にはGeographicを使用します。
Meridians 経線を設定します。
非表示にする場合は、HiddenプロパティをTrueに設定します。
Parallels 緯線を設定します。
非表示にする場合は、HiddenプロパティをTrueに設定します。
Projection 投影法(メルカトル図法など)の種類を設定します。
View 表示位置(経度/緯度)およびズームを設定します。
中心点は、CenterX/CenterYプロパティを設定します。ズーム値は、Zoomプロパティで設定します。
ColorScale カラースケールを設定します。
非表示にする場合は、HiddenプロパティをTrueに設定します。
ビューポート外に表示する場合は、Location.DockOutsideViewportプロパティをTrueに設定します。
DistanceScale 距離スケールを設定します。
非表示にする場合は、HiddenプロパティをTrueに設定します。
ビューポート外に表示する場合は、Location.DockOutsideViewportプロパティをTrueに設定します。
Legends 凡例を設定します。
非表示にする場合は、HiddenプロパティをTrueに設定します。
ビューポート外に表示する場合は、Location.DockOutsideViewportプロパティをTrueに設定します。
Titles タイトルを設定します。
非表示にする場合は、HiddenプロパティをTrueに設定します。
ビューポート外に表示する場合は、Location.DockOutsideViewportプロパティをTrueに設定します。
表示位置の変更は、Location.DockPositionプロパティを設定します。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5