Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

CalendarGridとMultiRowを組み合せてカレンダーの表示を拡張する

顧客と開発者の生産性を格段に向上させる、業務システムの画面UI 第5回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/07 14:00
目次

MultiRowと連携した表示形式の切り分け(2)

グリッドに表示する

 続いてMultiRow側で担当者毎のデータを表示します。

データを変換する

 データをMultiRowDataの形式に合うように変換します。

MultiRowData形式に変換する
// MultiRowDataの形式に変換
List<MultiRowData> multiRowDataList = new List<MultiRowData>();

foreach (var tmpData in dataList)
{
    foreach (var tmpPerson in tmpData.personList)
    {
        if (multiRowDataList.Count(x => x.name == tmpPerson.name) > 0)
        {
            multiRowDataList.First(x => x.name == tmpPerson.name).dateTimeList.Add(tmpData.date);
        }
        else
        {
            List<DateTime> tmpDateTimeList = new List<DateTime>();
            tmpDateTimeList.Add(tmpData.date);

            multiRowDataList.Add(new MultiRowData() { person = tmpPerson, dateTimeList = tmpDateTimeList });
        }
    }
}
// MultiRowDataの形式に変換ここまで

MultiRowに表示する

MultiRowに表示する
gcMultiRow1.DataSource = multiRowDataList;

var multiRowTemplate = gcMultiRow1.Template;

multiRowTemplate.Row.Cells[0].DataField = "name";
multiRowTemplate.Row.Cells[1].DataField = "date1";
multiRowTemplate.Row.Cells[2].DataField = "date2";
multiRowTemplate.Row.Cells[3].DataField = "date3";

gcMultiRow1.Template = multiRowTemplate;

gcMultiRow1.EndEdit();

 特に説明が不要なくらい、CalendarGridと同様の流れです。

 それぞれ表示するセルの指定方法だけが異なります。

 今まで紹介したソースコードが見やすいように、ソースコードの全文を以下に載せます。詳しくはサンプルコードを参照してください。

ソースコード全文

全文
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace CalendarSample
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            // データを用意
            List<CalendarData> dataList = new List<CalendarData>();

            CalendarData data = new CalendarData() { date = new DateTime(2017, 1, 5)};
            data.personList = new List<Person>();
            data.personList.Add(new Person() { name = "山田" });
            data.personList.Add(new Person() { name = "佐藤" });

            dataList.Add(data);

            CalendarData data2 = new CalendarData() { date = new DateTime(2017, 1, 6)};
            data2.personList = new List<Person>();
            data2.personList.Add(new Person() { name = "田中" });
            data2.personList.Add(new Person() { name = "西村" });
            data2.personList.Add(new Person() { name = "佐藤" });

            dataList.Add(data2);

            CalendarData data3 = new CalendarData() { date = new DateTime(2017, 1, 7) };
            data3.personList = new List<Person>();
            data3.personList.Add(new Person() { name = "山田" });
            data3.personList.Add(new Person() { name = "川上" });
            data3.personList.Add(new Person() { name = "田中" });

            dataList.Add(data3);
            // データを用意ここまで

            gcCalendarGrid1.DataSource = dataList;

            // dateプロパティをカレンダーの日付に紐づける
            gcCalendarGrid1.DateField = "date";

            // テンプレートにリストの項目を紐づける
            var template = gcCalendarGrid1.Template;

            template.Content[1, 0].DataField = "name1";
            template.Content[2, 0].DataField = "name2";
            template.Content[3, 0].DataField = "name3";

            gcCalendarGrid1.Template = template;

            gcCalendarGrid1.FirstDateInView = new DateTime(2017, 1, 1);

            // 編集の終了を通知
            gcCalendarGrid1.EndEdit();

            // MultiRowDataの形式に変換
            List<MultiRowData> multiRowDataList = new List<MultiRowData>();

            foreach (var tmpData in dataList)
            {
                foreach (var tmpPerson in tmpData.personList)
                {
                    if (multiRowDataList.Count(x => x.name == tmpPerson.name) > 0)
                    {
                        multiRowDataList.First(x => x.name == tmpPerson.name).dateTimeList.Add(tmpData.date);
                    }
                    else
                    {
                        List<DateTime> tmpDateTimeList = new List<DateTime>();
                        tmpDateTimeList.Add(tmpData.date);

                        multiRowDataList.Add(new MultiRowData() { person = tmpPerson, dateTimeList = tmpDateTimeList });
                    }
                }
            }
            // MultiRowDataの形式に変換ここまで

            gcMultiRow1.DataSource = multiRowDataList;

            var multiRowTemplate = gcMultiRow1.Template;

            multiRowTemplate.Row.Cells[0].DataField = "name";
            multiRowTemplate.Row.Cells[1].DataField = "date1";
            multiRowTemplate.Row.Cells[2].DataField = "date2";
            multiRowTemplate.Row.Cells[3].DataField = "date3";

            gcMultiRow1.Template = multiRowTemplate;

            gcMultiRow1.EndEdit();

        }
    }

    /// <summary>
    /// カレンダーの一日のデータを表すクラス
    /// カレンダー表示用にゲッターを用意
    /// </summary>
    public class CalendarData
    {
        /// <summary>
        /// 日付
        /// </summary>
        public DateTime date { set; get; }

        /// <summary>
        /// その日の打ち合わせ担当者リスト
        /// </summary>
        public List<Person> personList { get; set; }

        /// <summary>
        /// 担当者の名前を返す
        /// </summary>
        public string name1 { get { if (personList.Count > 0) { return personList[0].name; } else return ""; } }
        public string name2 { get { if (personList.Count > 1) { return personList[1].name; } else return ""; } }
        public string name3 { get { if (personList.Count > 2) { return personList[2].name; } else return ""; } }
    }

    /// <summary>
    /// グリッド表示用のデータ
    /// </summary>
    public class MultiRowData
    {
        /// <summary>
        /// 名前
        /// Personクラスのnameプロパティを返す
        /// </summary>
        public string name { get { return person.name; } }

        public Person person { get;  set; }

        public List<DateTime> dateTimeList { get; set; }

        /// <summary>
        /// 日付を整形して返す
        /// </summary>
        public string date1 { get { if (dateTimeList.Count > 0) { return dateTimeList[0].ToString("yyyy/MM/dd"); } else return ""; } }
        public string date2 { get { if (dateTimeList.Count > 1) { return dateTimeList[1].ToString("yyyy/MM/dd"); } else return ""; } }
        public string date3 { get { if (dateTimeList.Count > 2) { return dateTimeList[2].ToString("yyyy/MM/dd"); } else return ""; } }
    }

    /// <summary>
    /// 担当者を表すクラス
    /// </summary>
    public class Person
    {
        /// <summary>
        /// 名前
        /// </summary>
        public string name { get; set; }
    }
}

まとめ

 CalendarGridとMultiRowを連携すれば、このように見たいデータに適した表示方法で表示、編集を行うことができます。データが複雑になればなるほど、操作したいデータに合わせた表示形式を切り替えられる利点は大きくなるでしょう。

 また、CalendarGridとMultiRowがプログラム上ではほぼ同様の手順で利用できることもお伝えできたと思います。加えて、両コンポーネントで共通して利用できるInputManCellについても、ぜひ把握して提案や、検討に活かしたいポイントです。

 CalendarGridやMultiRowのようなコンポーネントを利用するポイントは、自前で作成することと比較してテスト実績があり、テスト工数、バグ修正のコストが減らせることや、仕様に関して線引きの補助となること(コンポーネントでできる範囲を提示しやすい)に加えて、同じ設計思想のコンポーネントを連携させると使い方が似通っていたり、InputManCellのように機能が同等であるということもポイントの1つです。

 コンポーネントを利用した方が低コスト、低リスクで開発ができる場合に、うまくコンポーネントを導入する手助けになれば幸いです。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

バックナンバー

連載:顧客と開発者の生産性を格段に向上させる、業務システムの画面UI
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5