Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

記事一覧

76~90件(全4411件)
  • 2016/11/16

    ソフトウェア開発の現場をリードできる人材を育成する「トップエスイー」教育プログラム――修了者が語る受講で得られた最先端の知識と実践力(前編)

     最新の技術や学術的な知見を、現場での業務に生かすことができるエンジニアを育成する教育プログラム「トップエスイー」では、最先端技術による課題解決を手がけられるスーパーアーキテクトの育成を行ってきた。これまでの取り組みを「トップエスイーコース」とし、加えて2017年度より「アドバンス・トップエスイーコース」を新設する。今回、過去に「トップエスイー」を受講した2名の修了生に、実際のカリキュラムや受講から得られたメリット、今後の「トップエスイー」に期待することなどについて聞いた。

  • 2016/11/15

    Pythonを使って地理情報の分析・可視化をしてみよう~PyData.Tokyo Meetup #9イベントレポート

     PyData.Tokyoは「Python+Dataを通じて、世界のPyDataエクスパートと繋がれるコミュニティーを作る」ことを目的として設立されました。これまでに勉強会8回およびチュートリアル2回が開催されました。9回目の勉強会となる今回は「地理情報データ」をテーマに株式会社マイクロベース 仙石裕明さんにご登壇いただきました。

  • 2016/11/15

    社外のエコシステムとの関わりがエンジニアのキャリアを助ける――マイクロソフトからLINEへ。砂金信一郎さん

     Azureの登場とともにマイクロソフトにジョインし、それから約8年間、Azureのエバンジェリストやエバンジェリストチームのマネージャーを務めた砂金信一郎さん。砂金さんは、9月末にマイクロソフトを退職し、新たなチャレンジの場としてLINEを選んだ。クラウド時代の開発者のロールモデルへのインタビュー企画、第三弾では、吉羽龍太郎さんが聞き手となり、エンジニアはどのようなスタンスで新しい技術に取り組むべきか、キャリアにおけるコミュニティの重要性などについて伺った。

  • 2016/11/14

    Web APIによるデータ連携デザインパターンとツール活用

     APIエコノミーやマイクロサービスアーキテクチャ、FintechをはじめとするさまざまなX-Techといった言葉が叫ばれるなか、APIマネジメント企業の買収のニュースといった形で「API」というキーワードを聞くことが増えています。本記事では、さまざまなクラウド上のユニークなサービスが出てきている今、APIを使ったデータ連携で何ができるようになるのか、どんな代表的ユースケースがあるのか、そしてユーザー企業やシステムインテグレーターがよりAPIを利用しやすくするためのツール活用について見ていきまし...

  • 2016/11/11

    Androidアプリでの非同期処理とWeb API連携

     Androidアプリを開発するにはAndroid Studioを使います。そのAndroid Studioのメジャーアップデートであるバージョン2.0が正式公開されました。本連載では、最新のAndroid Studio 2系を使い、Androidアプリ開発の基本を解説していきます。

  • 2016/11/10

    (ISC)2が認定するグローバルな情報セキュリティ資格「CISSP/SSCP」が採用にもよく効く理由とは

     日本のみならず、世界各国でセキュリティ人材のニーズが高まる中、(ISC)2が認定するCISSP/SSCPは、情報セキュリティ分野のグローバルスタンダードな認定資格として注目を集めています。ただし、日本国内での認知度はまだ高いとはいえません。そこで、(ISC)2 Japanでディレクターを務め、自身もCISSP取得者である小熊慶一郎氏に、(ISC)2およびCISSP/SSCPとは何か、その価値は何かなどについて伺いました。また、小熊氏に続いて、(ISC)2のユーザーとして、KBC 国際電子ビジネ...

  • 2016/11/10

    価値が上昇し続ける「データ」。データベースの基本はエンジニアの義務教育!

     本連載では、ITエンジニアが時代の波に飲み込まれず、ITの世界で生き残っていくための知識を解説していきます。第3回のテーマはデータベース。多くの人がデータの重要性に気づき、大量に集めて有効利用しようとしています。システムと切り離すことのできないデータベースの基礎と、活用のためのポイントを押さえておきましょう。

  • 2016/11/09

    RxJava 2.xを用いた簡単なサンプルプログラムの実装

     この連載はRxJavaを使って、リアクティブプログラミングにおけるポイントやRxJavaが持つ機能について学んでいくことを目的としています。前回はReactive StreamsとRxJava 2.xのポイントについて簡単に見ましたが、今回はこのRxJava 2.xを使って実際に実装すると、どうなるのかについて見ていきます。

  • 2016/11/08

    IDDD本の第2章「ドメイン」「サブドメイン」「境界づけられたコンテキスト」を読み解く

     ドメイン駆動設計(DDD)は、顧客と開発者が業務を戦略的に理解し、共通の言葉を用いてシステムを発展させていく開発手法です。第1回となる前回は「DDDの概要」「ユビキタス言語」「DDDを始める方法」について紹介しました。第2回となる本稿では「戦略的設計」において重要な概念「ドメイン」「サブドメイン」「境界づけられたコンテキスト」について紹介します。

  • 2016/11/08

    現場を支えるネットストア「モノタロウ」の海外展開を支えるDevOps基盤【デブサミ関西2016レポート】

     製造業、工事業、自動車整備業の現場で必要な工具、部品、資材、消耗品などの商品を、インターネットを通じて販売しているMonotaRO(モノタロウ)。2000年の創業以来、右肩上がりに成長を続けてきた同社では、2011年に韓国で間接資材のECサイト「NaviMRO」を開設したのを機に、13年にシンガポール、15年にマレーシア、16年にはタイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア、台湾と積極的に海外進出を図っている。そのため、同社IT部門では、海外サイトを専門に担当する海外案件チームを発足させた。同チ...

  • 2016/11/07

    ASP.NET Coreアプリケーションをビルドして起動してみよう

     本稿では、WindowsだけではなくMacやLinuxといったマルチプラットフォームで動作するASP.NET Core 1.0について紹介します。前編では、ASP.NET Coreの概要、セットアップ方法、project.jsonファイルについて紹介しました。中編にあたる本稿では、依存ファイルの解決方法、新しいツール、実行時の挙動等について紹介します。

  • 2016/11/04

    日本MSのエバンジェリストが語る、エンジニアが世界で活躍するために必要な変化【デブサミ2016福岡レポート】

     マイクロソフトは2年前にサティア・ナデラ氏がCEOに就任して、大きく変わりつつある。その具体例がVisual Studio Codeであり、.NET Coreである。前者のVisual Studio Codeは、Windowsはもちろん、MacでもLinux上でも稼働できるのはもちろん、C#以外にもPHPやPythonなどのさまざまな言語で開発することができる。後者の.NET CoreもWindowsだけでなくLinux、Mac OSにも対応した、新しい.NETランタイムとライブラリだ。そして...

  • 2016/11/04

    Rails 5の新機能概要紹介と環境構築

     Ruby on Rails 5.0(以降、Rails 5)の正式版がリリースされました。そこで本連載では、Rails 5の新機能や追加機能をサンプルアプリケーションの実装を通して紹介していきます。初回となる今回は、Rails 5の新機能の概要について紹介し、開発環境構築までを行います。

  • 2016/11/02

    既存も新規も業務アプリは「HTML5」が原則! モダンなUIを作りユーザーが満点を出す開発者を目指そう

     業務で使用するエンタープライズシステムでも、UI(ユーザーインターフェイス)の出来不出来が評価に大きく影響する時代。IT技術の研修サービスを行っている富士通ラーニングメディアでは、「HTML5」を学びに来る業務アプリケーション開発者が増えているという。資格Zine編集長の市古が同社の研修を体験をレポートするシリーズの第5回として、今回はHTML5研修の体験レポートをお届けする。

  • 2016/11/02

    実録レガシーコード克服秘話、必要なのは「ソフトスキルを生む環境」【デブサミ2016福岡レポート】

     苦労して作ってきたプロダクトのコード資産が、レガシーとなり新たな価値創造の足かせになる――。エンタープライズのLTS(Long Term Support)を担うエンジニアなら誰もが抱えがちな悩みといえるだろう。株式会社ドリーム・アーツでも大企業向けパッケージ・ソフトウェアの開発現場において同様の状況に陥り、試行錯誤しながら打開してきたと言う。その経緯と得られた知見について、同社取締役 CTOの石田健亮氏が紹介した。

76~90件(全4411件)
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5