Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

記事一覧

76~90件(全4441件)
  • 2016/12/07

    JSフレームワークを使ったHTMLテンプレート利用のススメ

     前回、Webシステムの運用現場では「HTMLの文言、デザインの修正がすぐにできない」「サーバサイドの技術がわからないとHTMLが修正できない」といった問題が生じていることを紹介しました。そして、それらの問題の原因の一つに、PHPでのSmartyやRubyのERBといったサーバサイドテンプレートがある、これらの問題はクライアントサイドでのHTMLテンプレートを使うと解決しやすくなることを説明しました。もっとも、現在フロントエンドエンジニアがチーム内にいない場合には、具体的にはどのような方法がとれ...

  • 2016/12/06

    PyCon JP 2016 開催後レポート ~第2回 プログラムチームのPyCon JP 2016

     プログラムチーム副座長の齋藤です。PyCon JP 2016でのプログラムチームのメインの過ごし方は、さまざまな企画の舵取りをすることです。今年は3月ごろから準備を始め、企画ごとに各担当者がさまざまな作業を分担して行ってきました。

  • 2016/12/06

    Rails 5の環境構築とscaffoldで基本構成を体感

     前回は、Rails 5の新機能や追加機能を紹介し開発環境構築を行いました。第2回となる今回は、Rails 5のプロジェクト作成、scaffoldを利用してRails 5の基本構成を体感していきます。

  • 2016/12/05

    未来のソフトウェア産業を担う「スーパーアーキテクト」に期待すること――トップエスイーが「アドバンス」コースを新設するねらいと意義

     技術に関する優れた知見と問題解決能力を兼ね備え、実際の業務の中に取り入れていくことができる「スーパーアーキテクト」の育成を目指し、10年以上にわたって教育プログラムを提供してきた「トップエスイー」。このトップエスイーが、2017年度より新コース「アドバンス・トップエスイー」を新設する。これまでのトップエスイーの取り組みと、新コース開設のねらい、受講するエンジニアに期待することなどについて、トップエスイー代表である本位田真一氏と、同講師の河井理穂子氏に語ってもらった。

  • 2016/12/02

    セキュリティリスクを減らすために知っておきたい暗号のこと

     本連載では、ITエンジニアが時代の波に飲み込まれず、ITの世界で生き残っていくための知識を解説していきます。第6回のテーマは暗号です。セキュリティリスクを減らすために、安全性を高める暗号化技術の基本を知っておきましょう。盲点になりがちな「暗号化される範囲」についても解説します。

  • 2016/12/02

    MultiTouchで既存アプリケーションをタッチ対応にしてみよう

     アプリケーションの利用方法は端末の発展とともに変化してきました。タブレット端末やサイネージの発展により、アプリケーションはタッチ操作への対応が求められることも少なくありません。アプリケーションをタッチ対応にする方法としては、タッチ操作の需要が高まってきた以降のプラットフォームである、iOSやAndroid、UWP(Universal Windows Platform)のアプリケーションを作成する方法が、まず検討されるでしょう。しかし、既存のアプリケーションが存在する場合、新しいプラットフォーム...

  • 2016/12/02

    AWSネットワークにおけるベストプラクティス ~ AWSのバックボーンネットワークに関するDeepな話(3)

     こんにちは。アマゾンウェブサービス(AWS)サポートの有賀と申します。好きなサービスはAmazon Virtual Private Cloud(VPC)です。これからAWSサポートの各メンバーがそれぞれ「今一番AWSユーザーに伝えたいこと」を連載の形でお届けしていきます。筆者の担当する本稿では、AWSの「ネットワーク」について見ていきます。今回は、AWSのネットワークにおけるベストプラクティスや、過去に発生した問題をご紹介します。

  • 2016/12/01

    ページランクのアルゴリズムをC++で試してみる

     前回Google Mockを紹介したこともあって、Googleがらみのトピックを探していたところ、"How Google Finds Your Needle in the Web's Haystack:GoogleはどうやってWebの干草の山から針を見つけ出すのか"というタイトルの解説記事に辿り着きました。Googleでの検索結果は有用な(あるいは人気のある)ページが検索リストの上位に並びます(広告云々は別として)。各ページの有用さの度合いを計算し、それをキーに並び替えを行っているのでしょう。...

  • 2016/12/01

    IoTプロトタイプの無線化におすすめ! 無線通信規格ZigBeeに対応した小型モジュール「XBee」を使ってみよう

     本連載では、IoTハックに興味のある人に向けて、ハッカブルなIoTデバイスを紹介していきます。今回は、IoTの無線化を簡単にしてくれる小型ZigBeeモジュール「XBee」で無線通信に挑戦してみます。

  • 2016/12/01

    ソフトウェア開発を取り巻く自動化ツールの現況と導入のポイント

     ソフトウェアを提供している組織では、テクノロジーの発展とともにその組織内における自動化の可能性がどんどん広がってきました。もちろん、なにを自動化しているかは組織によって異なります。本稿では、自動化するためのツールやサービスをソフトウェア開発に焦点をあてて整理し、それらを導入するための戦略を紹介します。

  • 2016/11/30

    センサーモジュールでの計測

     Web系の知識でかんたんに操作できる初心者向けのマイコンボードTessel 2を使って、JavaScriptでのIoTを試してみます。ハードウェアに詳しくないWeb系エンジニアでもIoTシステムを体験できます。

  • 2016/11/29

    PyCon JP 2016 開催後レポート ~第1回 座長、会場チームのPyCon JP 2016

     こんにちは、メディアチームの木村です。2016年9月20日(火)から9月24日(土)までの5日間、PyCon JP 2016が開催されました。21日と22日に行われたカンファレンスへの来場者数は過去最大の720人を記録し、大盛況に終わりました。この連載では、運営スタッフがイベントの振り返りをします。この連載を通してPyCon JPの運営スタッフに興味を持っていただければ幸いです。

  • 2016/11/29

    AWSネットワークの論理的な側面 ~ AWSのバックボーンネットワークに関するDeepな話(2)

     こんにちは。アマゾンウェブサービス(AWS)サポートの有賀と申します。好きなサービスはAmazon Virtual Private Cloud(VPC)です。これからAWSサポートの各メンバーがそれぞれ「今一番AWSユーザーに伝えたいこと」を連載の形でお届けしていきます。筆者の担当する本稿では、AWSの「ネットワーク」について見ていきたいと思います。今回は、ネットワークの「論理設計」について解説します。

  • 2016/11/28

    「魂の浮力」に釣り合う場所を知り、自分らしくあれ――まつもとゆきひろ氏が考えるエンジニアの幸福【COMPANY Forum 2016】

     プログラミング言語「Ruby」の開発者である、まつもとゆきひろ氏。25年というキャリアの中で、アーキテクトやプロダクトマネージャー、エグゼクティブディレクターといった肩書きとは無縁のエンジニア人生を過ごしてきた。しかし、一人の天才プログラマ「Matz」として世界的に知られ、常に注目を集めている。ワークスアプリケーションズ主催「COMPANY Forum 2016」にて開催されたエンジニア向けトークセッション 第2部では、そんなまつもと氏が「一人のエンジニアとして」世界に通用するための経験につい...

  • 2016/11/28

    今すぐできる! Android 7.0の新機能「マルチウィンドウ」をアプリ開発で活用する方法

     翔泳社が11月17日に刊行した『ほんきで学ぶAndroidアプリ開発入門 第2版』より、Android 7.0の新機能「マルチウィンドウ」をアプリ開発で活用する方法を解説した「LESSON37 マルチウィンドウ機能を使う」を紹介します。

76~90件(全4441件)
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5