Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

記事一覧

76~90件(全4541件)
  • 2017/03/21

    つまみ食いが横行するCSSを正しく理解する――『はじめてのCSS設計』著者インタビュー

     手軽で自由度の高いCSS、しかし、それゆえにチーム開発や中~大規模プロジェクトで思わぬ「事件」が起きるのもCSSです。翔泳社が3月13日に刊行した『はじめてのCSS設計』の著者の一人、田辺丈士(アイ・エム・ジェイ)さんは「CSSのつまみ食い」が横行していると危惧。CSSをきちんと設計するための本書についてうかがいました。

  • 2017/03/17

    Rails 5でログインフォームを実装する

     前回はscaffoldで自動生成したユーザー登録機能について、より実践的に拡張しました。今回はユーザー登録時にパスワードを登録できるようにした上で、ログインフォームを開発していきます。

  • 2017/03/16

    Amazon EC2にスケジュールされる「イベント」とは?

     こんにちは、アマゾンウェブサービス ダブリンオフィスに勤務しております、クラウドサポートエンジニアの半田と申します。 好きなAWSサービスはAmazon WorkSpaces、Amazon CloudSearch、Amazon Elasticsearch Serviceです。本連載ではAWSサポートの各メンバーがそれぞれ「今一番AWSユーザーに伝えたいこと」を連載の形でお届けするシリーズです。

  • 2017/03/15

    IoT時代の表現方法に最適なコントロールはこれ! FlexChartを利用してグラフを表示する

     IoT時代になり大量のデータからいかに傾向をつかんで全体像を把握できるか、また、特異点をいち早く違和感として認識して理由を調べられるかということが重要になってきています。そのようなときに必要なのは従来のような一覧表ではなく、グラフ表示などです。3回にわたって、さまざまなプラットフォームでグラフ表示ができるFlexChartを紹介していきたいと思います。第1回である今回は、WPFで利用できるFlexChart for WPFです。

  • 2017/03/14

    「働く場所の自由化」が企業を救う!? サイボウズのエンジニアが働きたい場所で働ける理由とは【デブサミ2017】

     「在宅勤務」や「リモートワーク」を認める企業は昨今その数を増やし、それに伴ってエンジニアのワークスタイルも変わりつつあります。一方で、反対する考えが根強く残っている環境や、企業として制度やツールの整備が追いつかないという課題を抱えているケースもあります。エンジニア視点で考えると「住む場所」と「やりがい」を天秤に掛けざるを得ない状況に悩まされるというのも、それはそれでつらいものです。本記事では「Developers Summit 2017」のセッションで語られたサイボウズの実例を紹介し、問題解決...

  • 2017/03/13

    SlackとElasticsearchを連携し、使いやすい検索システムを作成する

     前回はSlackのBotを用いて使いやすい検索システムのUIを作成しました。今回はこれまでに作成した検索用のコンテナとUI提供のコンテナを連携し、質問しやすく使い勝手の良い検索システムを作成します。

  • 2017/03/10

    Bluetooth搭載の「Genuino 101」でLEDのリモート制御に挑戦しよう!

     本連載では、IoTハックに興味のある人に向けて、ハッカブルなIoTデバイスを紹介していきます。今回は、BLE(Bluetooth Low Energy)と6軸センサを搭載した「Genuino 101」を使ってLEDのリモート制御に挑戦します。

  • 2017/03/10

    「標準」と「開発」のエキスパートが見据える「これからのWebサービス」の姿

     日々、新しい技術が生まれ、進化を続ける「Web」の世界。変化の激しい世界に身を置き、サービスを開発、提供することに関わるエンジニアは、この変化をいかに捉え、活用していけば良いのだろうか。今回、日本屈指のWeb企業であるYahoo! JAPANで、数多くのサービス構築に携わってきた岡部和昌氏と、Mozilla Japanで技術戦略マネージャを務め、WebやHTML周辺技術の動向に明るい浅井智也氏が「Web標準やブラウザの進化の方向性」「実サービスへの新技術の取り入れ方」「Web開発に携わるエンジ...

  • 2017/03/10

    Rによる機械学習を使って、実世界の問題を解決するための準備をしよう

     実世界の問題をビッグデータや機械学習で解決するために、統計プログラミング言語のRが役立つことをご存知でしょうか。翔泳社が3月2日に刊行した『Rによる機械学習』で学べる12のステップの概要を紹介します。

  • 2017/03/09

    ブレットボードを使って、Tessel 2とスイッチやLEDを接続してみよう

     Web系の知識でかんたんに操作できる初心者向けのマイコンボードTessel 2に、ブレッドボードを使っていろいろなセンサーを接続する電子工作を紹介します。連載の1回目である今回は、LEDとタクトスイッチの接続を取り上げます。

  • 2017/03/08

    機械学習による分析過程を把握しつつ、支援ツールによる自動化で的確な分析結果を得る(後編)

     社会人エンジニア向けの教育プログラム「トップエスイー」での講義や制作結果などからエンジニアの皆さんに対して有用な情報をお届けするコーナーです。前回と今回の2回にわたり、機械学習を取り上げています。前回は機械学習によるデータ分析のプロセスと注意点について解説しました。今回は分析結果の評価についてと、筆者がトップエスイーの修了制作で作成した、一連のデータ分析プロセスを自動化するツール「MALSS」について解説します。MALSSはデータ分析を自動化するだけでなく、分析者の知識習得も支援することができ...

  • 2017/03/07

    「HTTPS」 ~マンガでプログラミング用語解説

     この連載は、マンガで分かるプログラミング用語辞典です。気軽に読み流せるマンガと、テキストによる詳しい解説で、プログラミング未経験者がつまづきがちな専門用語・概念をやさしく読み解き、よりスムーズな学習を手助けします。市販のプログラミング入門書の副教材としてもぜひご活用ください。今回解説するのは、安全な通信を行うためのプロトコル(規約)「HTTPS」です。

  • 2017/03/07

    マインクラフトで楽しみながらプログラミングを学んでほしい――CA Tech Kids上野社長インタビュー

     子どもたちにプログラミングを楽しんでもらうために頼りになるのがゲームです。CA Tech Kidsではマインクラフトでプログラミングの基本を学べるコースを開講し、2月27日には『親子で楽しく学ぶ!マインクラフトプログラミング』を刊行。今回、代表取締役社長の上野朝大さんにお話をうかがいます。マインクラフトならではの長所と限界とは?

  • 2017/03/06

    【デブサミ2017】大賞はあの本! 「ITエンジニアに読んでほしい! 技術書・ビジネス書大賞 2017」

     2月16日、4回目の開催となった「ITエンジニアに読んでほしい! 技術書・ビジネス書大賞 2017」のプレゼン大会と最終投票・授賞式が、「Developers Summit 2017」で開催。技術書部門は『ゼロから作るDeep Learning』、ビジネス書部門は『最強の働き方』が大賞に決定した。

  • 2017/03/03

    ComponentOne Studio for WPFでアプリケーションからExcelを取り扱う

     前回は、ComponentOne Studio for WPFを用いて、アプリケーションをWordやPDFと連携させる方法を紹介しました。今回は業務で利用する頻度の高い、Excelファイルを扱う方法を紹介します。前回の記事と合わせて、ComponentOne Studioのファイル連携について把握するお役に立てば幸いです。

76~90件(全4541件)
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5