Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

記事一覧

91~105件(全4541件)
  • 2017/03/02

    ソフトウェアがこれからの自動車の鍵を握る! コネクティッドカーの可能性と日産自動車の挑戦【デブサミ2017】

     「コネクティッドカー」や「モバイルカー」といったフレーズを、最近ニュースなどで耳にする機会も多くなってきたかと思います。では、これらの正体は一体何なのでしょうか。便利そうではあるけれどピンと来ない部分もある……と、感じる方も多いかと思います。本記事では「Developers Summit 2017」のセッションから、日産自動車が行っている取り組みについて紐解いていきます。

  • 2017/03/01

    機械学習による分析過程を把握しつつ、支援ツールによる自動化で的確な分析結果を得る(前編)

     社会人エンジニア向けの教育プログラム「トップエスイー」での講義や制作結果などからエンジニアの皆さんに対して有用な情報をお届けするコーナーが始まります。まずは今回と次回の2回にわたり、機械学習を取り上げます。機械学習はさまざまな応用がされていますが、分析に当たって注意すべき点を今回に、そして、分析作業を自動化したツール「MALSS」を使った分析を次回に解説します。MALSSはトップエスイーの修了制作で取り上げられ、オープンソースとして公開されています。

  • 2017/02/28

    「Angular 2」のHTTPクライアント機能で非同期HTTP通信を使いこなす

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。前回はルーターの機能について解説しました。今回は、モダンなWebページの作成に欠かせない非同期HTTP通信を提供する、Angular 2のHTTPクライアント機能について説明します。

  • 2017/02/27

    MVCそれぞれの機能を1つのjarファイルにまとめた、中小規模Webアプリ開発向けのOSSフレームワーク「dataforms.jar」

     Javaアプリケーションを作成する際に使用するフレームワークの選定は、開発をスムーズに進めるためのカギとなります。一方で、既存のフレームワークの中に適したものが見つからず、プロジェクトリーダーの悩みの種となることも多いのではないでしょうか。本記事では、既存のフレームワークを選択せず、独自のフレームワークを構築して柔軟なアプリケーション開発を実現した事例を紹介します。

  • 2017/02/24

    IoTに挑戦したいAndroid開発者にオススメ! センサーとAndroidアプリを連携できるデバイス「Waffle」を使ってみよう

     本連載では、IoTハックに興味のある人に向けて、ハッカブルなIoTデバイスを紹介していきます。今回は、Android開発者がIoTを始めたい時に最適なデバイス「Waffle」を使ってAndroidアプリとセンサーをつなげてみます。

  • 2017/02/24

    なぜ構成管理はAnsibleがいいのか?~『Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現』より

     構成管理ツールの新しい選択肢として登場したAnsible。エージェントレスや再利用性の高さといった特徴を備えるAnsibleは、なぜクラウドコンピューティング時代に適しているのでしょうか。翔泳社が2月16日に刊行した『Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現』より、一部内容を紹介します。

  • 2017/02/23

    RxJava(2.x)の便利なオペレータ(結合/ユーティリティ/デバッグ)

     この連載はRxJavaを使って、リアクティブプログラミングにおけるポイントやRxJavaが持つ機能について学んでいくことを目的としています。前回はRxJava 2.xの最も基本となるオペレータについて解説しました。今回は前回紹介していない複数のFlowable/Observableを結合するオペレータとユーティリティ系のオペレータ、そしてデバッグ用(ログ出力)に使えるオペレータの中でも代表的なものについて見ていきます。今回もサンプルはFlowableを使って実装していますが、Observabl...

  • 2017/02/22

    Cordovaでアプリを公開するためのビルド方法をカスタマイズしよう

     今回はアプリがリリース段階になった場合を想定し、ビルドを行うために必要な設定や、便利なTIPSを紹介します。これまでは実際にリリースすることを想定していなかったため、ほとんどデフォルトの状態で何も設定していませんでした。しかし実際の開発では、アプリ名の変更やアイコン・スプラッシュ画像などを設定する必要があります。これらアプリの設定は、実際のアプリ開発者なら簡単にわかることであっても、Cordova上の設定ではどうすればいいか、わからない方もいるのではないでしょうか。今回はそれらの設定や方法など...

  • 2017/02/21

    Androidのマテリアルデザイン ~スクロール連動~

     Androidアプリを開発するにはAndroid Studioを使います。そのAndroid Studioのメジャーアップデートであるバージョン2.0が正式公開されました。本連載では、最新のAndroid Studio 2系を使い、Androidアプリ開発の基本を解説していきます。前回は、マテリアルデザインとツールバーを扱いました。今回はその続きで、いよいよスクロール連動を解説します。

  • 2017/02/20

    ラズパイで動くロボット「GoPiGo」をつかって遠隔見守りロボットを作ろう(2)ROS基礎編

     本連載では、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)で動く移動ロボットキットである「GoPiGo」を使って、遠隔見守りロボットを作る手順をご紹介します。前回は開発に必要な準備と、GoPiGoのテスト走行を行いました。今回は、開発に使用するロボット用フレームワーク、ROS(Robot Operating System)の基礎と、新しく機能を組み込む方法について解説していきます。

  • 2017/02/17

    データ送信仕様Measurement Protocolを理解して活用する

     デジタルメディアやIoTなどの普及によって、データを取得することができる機会が増えています。データを保存する手段にもさまざまなものがありますが、サーバーの設定が必要なものや、大仰になりやすいものが多いのが現状です。 Googleアナリティクスにはウェブサイトやアプリの計測以外に、ユーザー行動の測定データを送信して格納できる仕組みがあります。今回はデータ送信仕様であるMeasurement Protocolを紹介します。

  • 2017/02/16

    Rails 5で実用的なユーザー登録機能を実装

     前回は、scaffoldで自動生成したソースコードと実際の動作を関連付けて各アクションについて解説しました。今回は、scaffoldで自動生成したユーザー登録機能をより実践的に拡張していきます。

  • 2017/02/15

    使う言語はC#のみ! Macアプリケーションはもちろん、Webアプリやスマホアプリも開発可能な「Visual Studio for Mac」登場

     2016年11月に米Microsoftにより開催された「Connect(); // 2016」にて、Visual Studio for Macが発表されました。発表の様子は動画で見ることができます。Visual Studio for Macはキーノートスピーチの2時間16分過ぎからMiguel de Icaza氏によって発表されています。Visual Studioはマイクロソフトが開発・提供している統合開発環境ですが、これまではWindows版のみが存在していました。Mac版の提供は今回が初め...

  • 2017/02/14

    ディープラーニング研究の第一人者が語る最新のAI技術、最終目標は単一モデルでさまざまな質問に答えるAIの実現

     セールスフォース・ドットコムは昨年12月、年次イベント「Salesforce World Tour 2016 Tokyo」を開催。その基調講演などに登壇するため、Salesforce.com, Inc. チーフサイエンティスト 兼 Salesforce Research所長のリチャード・ソーチャー氏が来日した。本稿では、同社のAI機能「Salesforce Einstein」の開発を主導し、自身もディープラーニング研究の第一人者である同氏に、最先端のAI研究やSalesforceでの研究活動に...

  • 2017/02/14

    「プロキシ」 ~マンガでプログラミング用語解説

     この連載は、マンガで分かるプログラミング用語辞典です。気軽に読み流せるマンガと、テキストによる詳しい解説で、プログラミング未経験者がつまづきがちな専門用語・概念をやさしく読み解き、よりスムーズな学習を手助けします。市販のプログラミング入門書の副教材としてもぜひご活用ください。今回解説するのは、通信を中継し一元管理する「プロキシ(サーバー)」です。

91~105件(全4541件)
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5