Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「C#」記事一覧

416件中61~80件を表示
  • 7834_t.gif
    2014/06/24

    ユニバーサルWindowsアプリケーションの概要と特徴

     Visual Studio 2013 Update 2がRTMになりました。RTMとはRelease To Manufacturingの略で工場出荷版という意味です。最近では工場でDVDメディアに加工するまでもなく、ネットでダウンロード可能なので、実質これで正式版となります。このVisual Studio 2013 Update 2はWindowsストアアプリ開発にも大きな影響を与えるアップデートなのです。その大きな影響こそ、今回紹介するユニバーサルWindowsアプリケーションです。

  • 7841_t.gif
    2014/06/17

    折りたたみ機能付きのツールバーを持った.NETアプリケーションの作成

     「ComponentOne Studio」に含まれるC1OutBarコンポーネントを使って、リッチテキストボックスの機能を操作できる折りたたみ式ツールバーを持ったアプリケーションを作成してみます。

  • 7777_t.gif
    2014/06/02

    Windows 8.1対応のストアアプリを作成する

     前回は、これまでWindows 8対応のストアアプリを作ってきた人向けにWindows 8.1に移行する方法について紹介しました。今回は新しくWindows 8.1向けのストアアプリを作成する方法について紹介します。

  • 7798_t.gif
    2014/05/30

    噂のユニバーサルWindowsアプリにComponentOne Chartを使ってみよう

     今回の内容は、製品の動作保証のまったくの対象外である点をあらかじめご了承ください。そんなご注意を最初にしなければならないくらい、最初の段階では「動かない」と思っていた組み合わせで動作したことをご報告したいと思います。Windows Phone 8.1は、従来のSilverlightベースのアプリに加えて、Windowsストアアプリとの互換性を拡張し互換性90%とも言われているWindows Phoneストアアプリが作れるようになりました。

  • 7775_t.gif
    2014/05/16

    縮小・展開するトピックバーを持った.NETアプリケーションの作成

     「ComponentOne Studio」に含まれるC1TopicBarコンポーネントを使って、Windowsのフォルダにあるトピックバーと同じような機能を持つアプリケーションを作成してみます。

  • 7753_t.gif
    2014/04/30

    手の位置をチャートで可視化しよう

     IoT(Internet of Things)というキーワードは今後のICTを考える上での重要なキーワードです。そして、センサーからクラウドにアップロードされた様々なデータの活用方法の一つとして、利用者に分かりやすい形で表示して状態の把握を容易にすることで次のアクションの判断基準とするような利用形態があります。そのようなアウトプットで有効な「見える化」手法の一つはセンサーの値を時系列でグラフにすることでしょう。そこで今回はセンサーの値を「ComponentOne Studio for WinR...

  • 7739_t.gif
    2014/04/28

    境界線を可変できるグリッドレイアウトのフォームを持つ.NETアプリケーションの作成

     「ComponentOne Studio」に含まれるSizer for WinFormsのC1Sizerコンポーネントを使って、フォームをグリッドで分割し、境界線をスプリッター機能で自由に伸縮できるアプリケーションを作成してみます。

  • 7715_t.gif
    2014/04/03

    ComponentOne Studioのラジアルメニューを使いこなそう

     Windowsストアアプリで業務アプリを作成する場合、ネックになってくることの一つがコンテキストメニューを始めとするメニュー項目のデザインです。Windowsストア[業務]アプリの利用シーンは机上だけではありません。そのため、タッチ操作などもなるべく少ない移動距離で確実に操作できるようなデザインが求められます。また、従来のデスクトップアプリではアプリ上部に階層メニューというのが一般的でしたが、Windowsストアアプリの場合、例えば、Windowsストアアプリ版OneNoteでは円形メニューに...

  • 7705_t.gif
    2014/03/26

    フォームのズーム機能を持った.NETアプリケーションの作成

     「ComponentOne Studio 2013J」に含まれるSizer for WinFormsのC1SizerLightコンポーネントを使って、フォームを広げるとフォーム上のすべてのコントロールのサイズが比例して大きくなるWindowsフォームアプリケーションを作成してみます。

  • 7688_t.gif
    2014/03/18

    データを4次元グラフとして表示する.NETアプリケーションの作成

     「ComponentOne Studio 2013J」に含まれるTrueChart for WinFormsのC1Chart3Dコントロールを使って、データをファイルから読み込み4次元グラフとして表示するWindowsフォームアプリケーションを作成してみます。

  • 7651_t.png
    2014/03/12

    Windows 8用のストアアプリをWindows 8.1対応にアップデートする

     Windows 8.1の登場によってストアアプリもだいぶ様変わりしました。本稿では、Windows 8向けに作っていたストアアプリをWindows 8.1向けにアップデートする方法と注意点を紹介します。

  • 7660_t.gif
    2014/03/04

    ComponentOne Studioで他のWindowsストアアプリと差別化しよう

     Windowsストアアプリの画面定義はXAMLで行います。XAMLは表現力の高い画面定義方法ですが、思った通りの画面が作れずに悩ましく感じてしまうときもあります。デスクトップアプリを作成していて標準機能で悩ましく感じたとき、いつも助けてくれたのは市販コントロールでした。それではWindowsストアアプリのときはどうでしょうか。Windowsストアアプリでも標準機能で悩ましく感じたときは、市販コントロールを探してみると良いでしょう。今回はComponentOne Studioに2014年1月30...

  • 7650_t.gif
    2014/02/24

    円形メニューを持った.NETアプリケーションの作成

     「ComponentOne Studio 2013J」のC1RadialMenuコントロールを使って、円形メニューを実装したWindowsフォームアプリケーションを作成してみます。

  • 7635_t.gif
    2014/02/20

    WPFアプリケーションにフローティングツールバーを実装する

     「ComponentOne Studio 2013J」に含まれるDockControl for WPFのC1DockControlコントロールを使って、フローティング/ドッキング操作を行えるツールバーを持ったアプリケーションを実装してみます。

  • 7610_t.jpg
    2014/02/18

    「LEADTOOLS」を使ってWindowsストアアプリに画像処理機能を実装しよう

     Windows 8では、従来のデスクトップアプリ以外にWindowsストアアプリという動作フレームワークが一新されているアプリ形式があります。Windowsストアアプリの実行環境は、一般的にはWindowsストアなど限定された配布手順とアプリチェックを前提として、その実行環境の動作制限とアプリの最新化により、コンピュータに詳しくない人が利用していても、ウイルス感染などのリスクがほぼないように考慮されているという利点があります。また、スマートフォンやタブレットなどに使われているARMプロセッサの...

  • 7595_t.gif
    2014/02/13

    .NETからGoogle Analytics APIを呼び出し、データを取得する

     この記事では、C#とASP.NET MVCからGoogle Analytics APIを呼び出す方法について紹介します。APIを呼び出すことでGoogleのサービスの情報を.NETのプログラムから利用することができます。前編では、Google Cloud Consoleでの設定、Visual Studioでのプロジェクト作成といった準備を行いました。後編に当たる本稿では、コードを記述し、実際に動かしてみるところまでを紹介します。

  • 7612_t.gif
    2014/02/06

    5分でわかるActiveReports帳票(2013年度版)-Webアプリケーションとエクスポート

     ActiveReportsは、Webアプリケーションでも使用することができ、ブラウザ上にレポートを表示することなどが実現できます。今回はWebアプリケーションの作成方法と、それと関係するエクスポート機能について解説します。

  • 7594_t.gif
    2014/01/27

    WPFアプリケーションにテキストブロックのプロパティ変更機能を実装する

     「ComponentOne Studio 2013J」に含まれるPropertyGrid for WPFのC1PropertyGridコントロールを使って、テキストブロックの背景色、文字、文字色を変更できる機能を、WPFアプリケーションに実装してみます。

  • 7583_t.gif
    2014/01/23

    WPFアプリケーションにカラーピッカーを実装する

     「ComponentOne Studio 2013J」に含まれるColorPicker for WPFのC1ColorPickerコントロールを使って、Microsoft Officeでおなじみのカラーピッカーを組み込んだWPFアプリケーションを作ってみます。

  • 7578_t.gif
    2014/01/16

    5分でわかるActiveReports帳票(2013年度版)-グラフ表示

     今回は、グラフ(チャート)について解説します。ActiveReportsのグラフにはさまざまな機能が用意されています。そのすべてを解説することは難しいので、ここでは基本的な使用方法と、使用できるグラフのいくつかを紹介することにします。

416件中61~80件を表示
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5