Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

著者情報

執筆記事

  • 2016/09/16

    サーバサイドHTMLテンプレートからの脱却のススメ

     PHPのSmartyやフレームワークが提供しているHTMLのViewエンジン(LaravelのBladeなど)、RubyのERBのようなHTMLテンプレートを使ったWebシステムでは、こんな問題に遭遇します。「HTMLのデザインや文言をちょっと変えるくらいすぐにできないものか」「デザインやUIをリッチにしたいが、PHPやRubyなどサーバ側の言語が分からないから直せない」。また、このような課題から、想定より時間がかかり、スケジュールが遅れたり、作業する担当者には、どのようなスキルをもった人(エ...

  • 2016/09/13

    ハイブリットアプリ開発でオーディオファイルの再生を便利にするプラグインを使う

     今回はオーディオファイルを扱うためのプラグインを紹介します。アプリで音を扱うシーンは多く、効果音やBGM、そして、マイクを使っての音声を録音などがあります。アプリの場合にはクリックして音が鳴ったりすることが普通と受け止めている利用者もいます。また、効果音を上手に利用することでよりよいアプリができあがることと思います。また、今回紹介するプラグインは音声の再生だけではなく、録音も可能で、録音については次回紹介します。

  • 2016/09/05

    AngularJSアプリに役立つ小粒なライブラリ ~ 可変パネル/CSV生成/カウントダウン機能

     AngularJSは、テンプレートエンジン、データバインディング、ルーティング、DIコンテナーなどなど、Webアプリのフロントエンドを開発するために必要な機能をあまねく揃えたフルスタックのフレームワークです。もっとも、本格的な開発ではそれだけで賄えるわけではなく、要件に応じて、周辺のモジュールと連携するのが一般的です。本連載では、AngularJSで利用できる拡張ライブラリを、具体的な利用例とともに紹介します。

  • 2016/09/05

    ブラウザだけでExcelやPDFを操作できる「Wijmo(ウィジモ) 5」機能

     本連載では、グレープシティが提供するJavaScriptライブラリWijmo(ウィジモ)について、サンプルとともに利用例を紹介します。今回はWijmo 5でExcelやPDFファイルを操作できるさまざまな機能について説明します。

  • 2016/08/31

    「Angular 2」のデータバインディングとディレクティブ記述法

     本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサンプルとともに紹介しています。今回はAngularJSの特徴的な機能であるデータバインディングとディレクティブの記述法を、現行バージョン(AngularJS 1)と比較しながら説明します。

  • 2016/08/25

    Androidアプリのフラグメント(1) ~一つのAndroidアプリでタブレットとスマホに対応~

     Androidアプリを開発するにはAndroid Studioを使います。そのAndroid Studioのメジャーアップデートであるバージョン2.0が正式公開されました。本連載では、最新のAndroid Studio 2系を使い、Androidアプリ開発の基本を解説していきます。前回はAndroidのメニューを扱いました。今回と次回の2回に分けて、1つのアプリでスマホとタブレットの両方に対応できる仕組みであるフラグメントを解説します。

  • 2016/08/19

    ハイブリッドアプリ開発でファイルのアップロード、ダウンロードを便利にするプラグインを使う

     今回は、前回紹介したファイルプラグインと共によく利用されるネットワーク上のファイルのダウンロードとアップロードを行うプラグインを紹介します。アプリ内のデータの更新やアプリ内のデータのクラウド保存などの機能を作る際に利用できる便利なプラグインです。前回と同様、サンプルコードではAngularJSを使っています。理解をする上でAngularJSの処理がわからないと理解できない部分はないようにしています。

849件中43~49件を表示



All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5