Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

著者情報

執筆記事

  • 2016/08/04

    AngularJSアプリの入力生産性を向上する3種のライブラリ

     AngularJSは、テンプレートエンジン、データバインディング、ルーティング、DIコンテナーなどなど、Webアプリのフロントエンドを開発するために必要な機能をあまねく揃えたフルスタックのフレームワークです。もっとも、本格的な開発ではそれだけで賄えるわけではなく、要件に応じて、周辺のモジュールと連携するのが一般的です。本連載では、AngularJSで利用できる拡張ライブラリを、具体的な利用例とともに紹介します。

  • 2016/08/01

    ドメイン駆動設計のメリットと始め方 ~ 1章「DDDへの誘い」

     本連載では、書籍『実践ドメイン駆動設計』(以下、IDDD本)の流れに沿って、重要な部分にフォーカスすることで、ドメイン駆動(DDD)について理解することをお手伝いします。初回となる今回は、1章「DDDの誘い」を解説します。

  • 2016/07/28

    最新トレンドを取り込んで進化する次世代AngularJS「Angular 2」最初の一歩

     Webアプリケーションフレームワークとして知られる「AngularJS」の次世代版「Angular 2」がまもなくリリースされます。そこで本連載では、Angular 2の活用方法をサンプルとともに紹介していきます。初回となる今回は、Angular 2の概要を紹介し、Angular 2の最初の一歩を踏み出すためのサンプルコードを作っていきます。

  • 2016/07/26

    いよいよ正式版が登場! jQuery 3での変更点と前バージョンからの移行のポイント

     今年2016年6月9日、ついに正式版がリリースされた jQuery 3。メジャーバージョンアップしたjQuery 3では、従来のバージョンから、いったい何が変わったのかを2回に分けて解説します。

  • 2016/07/22

    Androidアプリの画面遷移 ~ アクティビティの起動をつかさどるIntentクラス

     Androidアプリを開発するにはAndroid Studioを使います。そのAndroid Studioのメジャーアップデートであるバージョン2.0が正式公開されました。本連載では、最新のAndroid Studio 2系を使い、Androidアプリ開発の基本を解説していきます。前回までの解説では、アプリはすべて1画面でした。今回は、前回解説したListViewにさらに1画面追加し、2画面のアプリを作りつつ、画面遷移を解説していきます。

  • 2016/07/13

    ファイルを操作するためのプラグインで、テキストや画像をアプリ内に保存する

     今回は、前回に引き続きファイルを操作するためのプラグインを紹介します。今回は、サンプルアプリを用いてテキストや画像の書込処理や、画像の読み込み処理を紹介します。前回と同様、サンプルコードではAngularJSを使っていますが、理解をする上でAngularJSの処理がわからないと理解できない部分はないようにしています。

  • 2016/07/11

    Androidアプリ処理の基本 ~ Androidでよく使われる画面「ListView」

     Androidアプリを開発するにはAndroid Studioを使います。そのAndroid Studioのメジャーアップデートであるバージョン2.0が正式公開されました。本連載では、最新のAndroid Studio 2系を使い、Androidアプリ開発の基本を解説していきます。前回のイベントとリスナで、一通りアクティビティに処理が記述できるようになりました。今回は、その続きとして、ListViewの処理を扱います。ListViewはAndroidで非常によく使われる画面ですので、その基礎を...

840件中43~49件を表示



All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5