CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

プロダクトづくりのあるべき姿とは? 新メディア「ProductZine」創刊に寄せて、市谷聡啓氏&新井剛氏インタビュー

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/13 11:00

 プロダクトを通じ顧客に提供する価値を最大化する「プロダクトマネージャー(PdM)」は、近年需要が高まっている。市場を見据えつつ社内外とコミュニケーションをとり、プロダクトを管理していくため、ビジネス、UI/UX、テクノロジーなど多様なスキルが求められるが、日本ではまだわかりやすい事例や体現者が少なく、共通の理解やノウハウ共有の場が少ない。CodeZine内の新メディア「ProductZine」では、PdMおよび今後PdMを目指す人を支援するため、多くのトップランナーの知見を探りつつ、現場視点で情報をお伝えしたい。まずはサイトオープンを前に、チーフキュレーターの市谷聡啓氏と、アジャイルコーチとして知見の深い新井剛氏にインタビュー。仮説検証とアジャイル開発の経験が厚く、プロダクトマネジメントの実践に詳しいお二人に、プロダクトづくりについて現在の理想像を聞いた。

目次

スクラム開発のボトルネックを、仮説検証によって解決する

 ソフトウェア開発の手法のひとつであるスクラムは、チームのメンバーが協力して、共通のゴールを目指していく。スクラム開発のチームの役割には、「プロダクトオーナー」「スクラムマスター」「開発チーム」「ステークホルダー」がある。

 プロダクトオーナーは何をどの優先順位で作るかを決定し、プロダクトの価値の最大化を図る製品の総責任者だ。肩書きとしては、プロジェクトマネージャーがこの役割を担当することが多い。

 スクラム開発での懸念が、プロダクトオーナーがボトルネックとなること。この問題を解決するのが、市谷氏が提唱する「仮説検証型アジャイル開発」だ。

 市谷氏は昨年の「プロダクトマネージャーカンファレンス(pmconf)」でも、多くのことが「不確実」な状態からスタートするプロダクト開発においては、仮説検証を通じて得られた知見をもとに、何をどうつくるべきかの選択肢を段階的に絞り込んでいく戦略が基本的だと指摘している(カンファレンスレポート記事)。

 「スクラム開発の文脈だけでは『何を作ったらよいか』をどうやって決めていくか、検証するかが欠落しがち。その基準作りとして仮説検証をやっていき、『想定するユーザはこういう反応だった。だからこう解決できるかもしれない』といった結果が、チームの共通理解になっていく。これが仮説検証型アジャイル開発のたどり着きたいところです」(市谷氏)

市谷聡啓氏
市谷聡啓氏
市谷聡啓(いちたにとしひろ)氏

 株式会社エナジャイル 代表取締役。DevLOVEコミュニティ ファウンダー。プログラマーからキャリアをスタートし、その後プロダクトマネジメントの領域に踏み込む。リーン製品開発やデザイン思考、スクラム開発など、さまざまなノウハウを実践しながらかみ砕き、「仮説検証型アジャイル開発」を提唱。訳書に『リーン開発の現場』(共訳、オーム社)、著著に『カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで』(共著、翔泳社)がある。

 新井氏は、スクラム開発は日本においても浸透しつつあるものの、日本特有の組織構造と合わない部分もあると指摘する。

 「海外では、『職に就く』という考えが一般的です。例えば、映画を作るプロジェクトではさまざまな職種の人が集まって進められます。撮影スタッフや脚本家など、スキルが足りなかったら職を失い、他の人が担当するといった世界です。こうした世界であれば、プロダクトへの情熱やこだわりが吸引力になりスクラムがより機能するのですが、『会社に帰属する』考えが強い日本の組織にはうまくフィットしない部分があります。この歪みの中で生まれたのが、市谷さんの言う『仮説検証型』のアプローチではないかと思います」と新井氏は説明を加えた。

新井剛氏
新井剛氏
新井剛(あらいたけし)氏

 株式会社ヴァル研究所 アジャイル・カイゼンアドバイザー、株式会社エナジャイル 取締役COO。CodeZine Academyで3つのアジャイルコースの講師を務める。Javaコンポーネントのプロダクトマネージャー、緊急地震速報アプリケーション開発、「駅すぱあと」のミドルエンジン開発などを経て、現在はアジャイルコーチ、カイゼンコーチ、ファシリテーター、ワークショップ等で組織開発を実施中。ヴァル研究所においては、全社150名を見るスクラムマスターのような役割を担っている。『カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで』(翔泳社)の共著者。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 森 英信(モリ ヒデノブ)

    スマホアプリやWebサイト、出版物といったコンテンツの企画制作を手がける株式会社アンジーの代表。写真加工アプリ「MyHeartCamera」「PicoSweet」など、提供するアプリは1100万以上のインストールを獲得。2019年にはAR(拡張現実)プログラムに関する特許を取得。自身はIT関連の取材...

  • 斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

    メディア編集部 メディア1(CodeZine/EdTechZine/ProductZine)編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。ソフトウェア開...

バックナンバー

連載:キーパーソンインタビュー

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5