Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

15万人が待っていた、「Google App Engine」一般公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/05/29 12:19

Googleは28日、同社が持つインフラ上で自作のWebサービスを動かせるホスティングサービス「Google App Engine」を一般公開した。

 Googleは28日、同社が持つインフラ上で自作のWebサービスを動かせるホスティングサービス「Google App Engine」を一般公開した。今年4月から会員数限定でプレビュー版を公開していたが、15万人以上がウェイティングリストに入っていたという。

Google App Engine
Google App Engine

 Google App Engineは同社のWebサービスを支えるサーバ環境を提供するもので、Ajaxなどを利用した動的なWebサイトの構築や、「Bigtable」および「Google File System」によるストレージシステム、ユーザを認証してメールを送るGoogle APIなどを活用できる。

 今年の後半まではプレビュー期間となっており、サービスを無料で利用することができる。その後、下記の料金体系に移行する予定。

サービス料金
500MBまでのストレージ無料
月500万ページビュー分のCPUと帯域幅無料
CPUコア/1時間10~12セント
1月分のストレージ/GB15セント~18セント
帯域幅(下り)11~13セント
帯域幅(上り)9~11セント

 また、今回の一般公開に伴い、新たに画像加工用のAPI「The image manipulation API」とメモリキャッシュサービスのAPI「The Memcache API」をリリースした。

 
【関連リンク】
Google App Engine
Google App Engine to Announce Open Sign-ups, Pricing Plans:Google Press Center
Google、「Google App Engine」利用者を1万人追加募集
Googleインフラで自作Webサービスを動かせる「Google App Engine」無償公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5