Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

MS、Officeドキュメントに特化したオンラインストレージ「Office Live Workspace」日本語ベータ版リリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/05/26 13:53

Microsoftは23日、Officeドキュメントをインターネット上で保存/共有可能なサービス「Microsoft Office Live Workspace」日本語ベータ版を発表した。Word、Excel、PowerPointなどで作成した文章を無料のオンラインストレージにアップロードし、閲覧/編集することができる。

 Microsoftは23日、Officeドキュメントをインターネット上で保存/共有可能なサービス「Microsoft Office Live Workspace」日本語ベータ版を発表した。Word、Excel、PowerPointなどで作成した文章を無料のオンラインストレージにアップロードし、閲覧/編集することができる。

Live Workspace
Live Workspace

 Live Workspaceでは、Officeがインストールされていないコンピュータからでも、PowerPointなどのドキュメントを閲覧することができる。Office環境があるPCであれば、無料のアドオン「Microsoft Office Live Update 1.1」をインストールすることで、Live Workspace上にあるドキュメントを直接編集、保存することも可能になる。

 ドキュメントを共有する際には、「編集可能」「閲覧とコメント追加のみが可能」などの権限を付与することができる。また、最大8種類までバージョンを保存することができ、復元機能も備えているので、共同でのドキュメント編集などに利用することも可能となっている。

 対応ブラウザは、Internet Explorer 6と7(Windows XP、Vista、Windows Server 2003)、Firefox 2.0(Windows XP、Vista、Windows Server 2003、Mac OS 10.2.x以降)。1ユーザーあたり500MBのストレージが提供され、25MBまでのファイルをアップロードすることができる。なお、Officeドキュメントの他に、画像やテキストファイルもアップロードできるが、「.exe」ファイルなどセキュリティ上の問題を引き起こす可能性のあるファイルはアップロードできない仕様となっている。

 
【関連リンク】
Microsoft Office Live Workspace
Office Live Workspace日本語版の試験運用を開始:Microsoft(プレスリリース)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5