このコーナー(ComponentZine)では、コンポーネントを利用して、ソフトウェア の生産性や品質を向上させるための情報を紹介します。

記事

win

 ComponentOne Studio 2012Jに含まれる「TrueChart for Windows Forms」のC1Chartは、多彩なグラフを作成できるコントロールです。本稿では、このC1Chartコントロールを使って、Accessのデータをステップグラフで表示する実用的なアプリケーションを作成してみました。

(03/30)

win

 今回は、メニューからグラフの種類を変更できるようにします。これまでは、3D縦棒グラフでデータを表示していましたが、グラフの種類を折れ線グラフと円グラフに変えられるようにします。

(09/24)

win

前回は、javaのコードにデータを埋め込んでグラフを作成しました。しかし、このやり方は現実的ではありません。データが変わるたびに毎回ソースコードを修正しなければならないからです。そこで、今回はデータをファイルから読み込んでグラフ化するようにしました。読み込むデータはxmlファイルを使用します。

(08/25)

スポンサー情報

グレープシティ株式会社本社

グレープシティは「PowerTools」シリーズで知られるコンポーネントベンダーです。


1993年から .NET FrameworkやJava Platformに向け、品質の高いコンポーネントおよび開発支援ツールを提供し続けています。


グレープシティ製品は日本の業務に適したシステムを、より早く開発するためのソフトウェアです。エンドユーザーの利用しやすさ、 幅広いユーザー環境への対応、そして何よりプログラマの作業を軽減することを一番に目指しています。


最新情報はこちら