Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グラフを表示するJavaクライアントアプリケーションを作る

WebCharts3D 5.2Jを使ったJavaクライアント開発

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/07/18 14:00

ダウンロード サンプルソース (8.2 KB)

Javaの開発で一番大変なのがグラフィックス処理です。特に業務用アプリケーションなどではグラフを描画しようとすると、相当な量のコードを書かなければなりません。WebCharts3D 5.2Jは、さまざまな種類のグラフをJavaアプリケーションやアプレットに実装することができるチャートコンポーネントです。

目次

はじめに

 Javaの開発で1番大変なのがグラフィックス処理です。特に業務用アプリケーションなどではグラフを描画しようとすると、相当な量のコードを書かなければなりません。もっと簡単にグラフを実装できるクラスがあると、開発工数をかなり削減できます。

 WebCharts3D 5.2Jは、さまざまな種類のグラフをJavaアプリケーションや、アプレットに実装できるチャートコンポーネントです。専用のグラフ作成デザイナーを持ち、さらにJavaの統合開発環境ソフトEclipseへのプラグインも提供します。

 そこで、Eclipseを使ってSwingコンポーネントでグラフを表示するJavaのWindowsアプリケーション(クライアントサイド)を作ってみました。

Eclipseの中でグラフを作成しコード化する
Eclipseの中でグラフを作成しコード化する
生成したコードを元にWindowsアプリケーションでグラフを表示する
生成したコードを元にWindowsアプリケーションでグラフを表示する

対象読者

 Java、Swingコンポーネント、Eclipseを使ってプログラムを作ったことのある人

必要な環境

 JDK5.0以降、Eclipse3.0以降。なお、本プログラムは以下の環境で作成し動作確認を行っています。

  • Windows Vista Service Pack1
  • jdk1.6.0_05
  • Eclipse 3.3.1.1

コンポーネントのインストール

 はじめてWebCharts3D 5.2Jを使用する方は、プロジェクトにWebCharts3D 5.2Jをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください。製品ページ左側の[ダウンロード]-[トライアル版]をクリックし、ダウンロード方法([FTP]または[HTTP])を選択すれば入手できます。なお、トライアル版のダウンロードに際しては、ユーザー登録が必要になります。

 ファイルはLZH形式で圧縮されており、解凍してインストーラを起動します。有償のコンポーネントですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることでトライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

Eclipseへのプラグインの追加

 WebCharts3D 5.2Jをインストールしたら、以下の手順でEclipseにプラグインとして組み込みます。

  1. Eclipseのメニューから[ヘルプ]-[ソフトウェア更新]-[検索とインストール]を選択します。
  1. [インストールする新規フィーチャーを検索]を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
  1. [新規ローカル・サイトボタン]をクリックし、WebCharts3Dをインストールしたディレクトリにある「eclipse」フォルダを選択し[OK]ボタンをクリックします。
  1. 新規に追加されたサイトチェックボックスがオンになっていることを確認し、[終了]ボタンをクリックします。
  1. [WebCharts 3D for Eclipse]のチェックボックスをオンにし[次へ]をクリックします。
  1. 使用許諾契約の[使用条件の条項に同意します]を選択し[次へ]をクリックします。
  1. [終了]をクリックします。
  1. フィーチャーの検査画面で[インストール]をクリックします。これでプラグインがインストールされます。
  1. インストール処理が完了すると、Eclipse の再起動を求めるダイアログボックスが表示されるので、[はい]をクリックしEclipseを再起動します。

WebCharts3D 5.2Jについて

 WebCharts3D 5.2Jは、Javaのプログラムに簡単にグラフを実装させることができるコンポーネントです。棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、HiLoOpenCloseチャート、ガントチャート、ゲージ、マップなど30種類のグラフを、専用のデザイナやEclipseプラグインエディタで簡単に作成でき、作成したグラフをJSP直接出力、JSP間接出力、JSPカスタムタグ、JSF、Applet、Swing、SWTの7種類のJavaコードとして出力します。また、グラフのスタイルやモデルをXMLコードで生成することも可能です。

 グラフの元となるデータは、JavaのコードでもXMLファイルでも指定可能です。

専用デザイナでのグラフ作成
専用デザイナでのグラフ作成
同じ画面がEclipseではプラグインで使える
同じ画面がEclipseではプラグインで使える

 グラフのスタイルデザインは、プロパティウィンドウを使って行います。プロパティの変更がそのままグラフに反映されます。

 作成したスタイルは「XMLスタイル」タブを、グラフの元データは「XMLモデル」タブに作成されます。「コードビュー」タブには、コード全文が記述されるので、これらをJavaのコードにコピー・ペーストするだけで、プログラムにグラフを実装できます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(WebCharts3D)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5