Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グラフを表示するJavaクライアントアプリケーションを作る-Part3

メニューでグラフの種類を変える

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/09/24 14:00

ダウンロード サンプルソース (15.2 KB)

 今回は、メニューからグラフの種類を変更できるようにします。これまでは、3D縦棒グラフでデータを表示していましたが、グラフの種類を折れ線グラフと円グラフに変えられるようにします。

目次

はじめに

 今回は、メニューからグラフの種類を変更できるようにします。これまでは、3D縦棒グラフでデータを表示していましたが、グラフの種類を折れ線グラフと円グラフに変えられるようにします。

 グラフの変更にはメニューを使用し、折れ線グラフと円グラフ用のスタイルを作成するコードを追加します。それぞれメニューが選ばれるとこれらのスタイルに入れ替えるようにします。

3D縦棒グラフを
3D縦棒グラフを
折れ線グラフや円グラフにグラフの種類を変えられるようにする
折れ線グラフや円グラフにグラフの種類を変えられるようにする

これまでの記事

対象読者

 Java、Swingコンポーネント、Eclipseを使ってプログラムを作ったことのある人

必要な環境

 JDK 5.0以降、Eclipse 3.0以降。

 なお、本プログラムは以下の環境で作成し動作確認を行っています。

  • Windows Vista Service Pack 1
  • jdk 1.6.0_05
  • Eclipse 3.3.1.1

コンポーネントのインストール

 はじめてWebCharts3D 5.2Jを使用する方は、プロジェクトにWebCharts3D 5.2Jをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください。製品ページ左側の[ダウンロード]-[トライアル版]をクリックし、ダウンロード方法([FTP]または[HTTP])を選択すれば入手できます。なお、トライアル版のダウンロードに際しては、ユーザー登録が必要になります。

 ファイルはLZH形式で圧縮されており、解凍してインストーラを起動します。有償のコンポーネントですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

Eclipseへのプラグインの追加

 前々回の記事を参照してください。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(WebCharts3D)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5