Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

VB.NETを使い、データを3Dグラフ化して表示させる

PowerTools True WinChart for .NETコンポーネントでかんたんグラフ作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/01/19 00:00

 前回までは2Dグラフでデータをグラフ化する方法を紹介しましたが、今回はさらに3Dグラフを使ってデータをグラフ化し、そのグラフを操作する方法を紹介します。

目次

はじめに

 前回までは2Dグラフでデータをグラフ化する方法を紹介しましたが、今回はさらに3Dグラフを使ってデータをグラフ化し、そのグラフを操作する方法を紹介します。

3D積層縦棒グラフを回転
3D積層縦棒グラフを回転
 

対象読者

 Visual Basic 2005を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005またはVisual Studio 2005でプログラムが作れる環境。

プログラム実行時の注意事項

 本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下のファイルが必要になります。

  • C1.Win.C1Chart.2.dll - C1Chart コントロール(.NET Framework 2.0用)
  • C1.Win.C1Chart3D.2.dll - C1Chart3D コントロール(.NET Framework 2.0用)

 これらのファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。

 また、.NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。

コンポーネントのインストール

 はじめてTrue WinChart for .NETを使用する方は、プロジェクトにTrue WinChart for .NETをインストールする必要があります。インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください。製品ページ左側の[ダウンロード]-[トライアル版]をクリックし、ダウンロード方法([FTP]または[HTTP])を選択すればインストールできます。ファイルはLZH形式で圧縮されています。

 有償のコンポーネントですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 True WinChart for .NETをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、True WinChart for .NETのコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、「.NET Frameworkコンポーネント」の「名前空間」が「C1.Win.C1」で始まる名前空間のコンポーネントです。

「C1.Win.C1」で始まる名前空間のコンポーネントを追加する
「C1.Win.C1」で始まる名前空間のコンポーネントを追加する

3Dグラフの作成

 基本的には、2Dグラフと同じです。ツールボックスにある「C1Chart3D」コンポーネントをフォームに配置すれば、自動的に3Dグラフが作成されます。

グラフのデフォルト設定

 フォームデザイン時のデフォルト設定を行うには、コンポーネントのタスクトレイから操作する方法とプロパティウィンドウを使う方法があります。タスクトレイを使うと、ウィザードや視覚的な操作でグラフの要素を設定できます。

タスクトレイから操作する
タスクトレイから操作する
グラフの設定を視覚的に行う
グラフの設定を視覚的に行う
デフォルトデータもここで操作
デフォルトデータもここで操作

 プロパティウィンドウでは、個々のプロパティ値を数値などで設定できます。

 ただし、C1Chart3Dコンポーネントも、やや複雑な階層オブジェクト構造になっていますので、プロパティをいくつも展開して操作する場合があります。

3D棒グラフの色の設定

 3D棒グラフの各バーの色を変えるには、プロパティウィンドウの次のプロパティにアクセスします。

  • [ChartGroups] - [Group0] - [Bar] - [Colors]

 Colorsプロパティの値欄にある[...]ボタンを押すと、「BarColorコレクションエディタ」が表示されます。

 ここにある[追加]ボタンを押してメンバを追加し、Colorプロパティで色を、ColumnRowプロパティで変更するバーの位置を指定します。ColumnRowプロパティは、値に-1を指定すると、その系列のバーの色を一括して変更できます。

BarColorコレクションエディタ
BarColorコレクションエディタ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(True WinChart)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5