Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

積層グラフや見映えのするグラフを作成する

PowerTools True WinChart for .NETコンポーネントでかんたんグラフ作成2

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/12/27 00:00

 Visual Basicでフォームにグラフを作成するには、グラフィックスクラスのメソッドを駆使する必要があり、これは結構時間と手間のかかる作業です。前回はこのグラフ化作業を簡単に行うために、True WinChartコンポーネントの便利な使い方を紹介しました。今回はさらにグラフをカスタマイズする方法を紹介します。

目次
積層縦棒グラフを作成してみる
積層縦棒グラフを作成してみる
グラフの色にライト効果を設定し、さらに影を付ける
グラフの色にライト効果を設定し、さらに影を付ける

はじめに

 Visual Basicでフォームにグラフを作成するには、グラフィックスクラスのメソッドを駆使して描画しなければなりません。これは結構時間と手間のかかる作業です。

 前稿『多彩なグラフ描画機能を簡単に組み込む』では、このグラフ化作業を簡単に行うために、True WinChartコンポーネントの便利な使い方を紹介しましたが、今回はさらにグラフをカスタマイズして、フォームに棒グラフや円グラフ、エリアグラフ、折れ線グラフを作成し、さらに積層グラフに変化させたり、グラフの色にライトや影付きの効果を加える方法を紹介します。

対象読者

 Visual Basic 2005を使ってプログラムを作ったことがある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005またはVisual Studio 2005でプログラムを作れる環境。

プログラム実行時の注意事項

 本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下のファイルが必要になります。

  • C1.Win.C1Chart.2.dll
    C1Chart コントロール(.NET Framework 2.0用)
  • C1.Win.C1Chart3D.2.dll
    C1Chart3D コントロール(.NET Framework 2.0用)

 これらのファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。

 また、.NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。

コンポーネントのインストール

 はじめてTrue WinChart for .NETを使用する方は、プロジェクトにTrue WinChart for .NETをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティ社のWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください。

 製品ページ左側の[ダウンロード]-[トライアル版]をクリックし、ダウンロード方法([FTP]または[HTTP])を選択してダウンロードします。ファイルはLZH形式で圧縮されています。

 有償のコンポーネントですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

GUIの作成

 今回のアプリケーションは、MyGraph2というプロジェクト名で作成し、GUIはVSのコモンコントロールと、PowerTools True WinChart for .NETのC1Chartコンポーネントを組み合わせて使用します。

 フォームを2つ用意し、Form1でグラフの操作を行い、Form2にグラフを表示させます。

 Form1には、グラフの種類を選べるようにする機能と、グラフに特殊効果を設定する機能を実装します。使用するコントロールは、すべてVSの標準コントロールです。

 Form2はグラフ表示のみで、C1Chartコンポーネントを配置して凡例を表示させておきます。グラフデータは、コンポーネントにあらかじめ組み込まれているものを使用します。

GUIの使用コントロール
GUIの使用コントロール

コントロールの追加

 True WinChart for .NETをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、True WinChart for .NETのコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、[.NET Frameworkコンポーネント]の[名前空間]が「C1.Win.C1」で始まるコンポーネントです。

「C1.Win.C1」で始まる名前空間のコンポーネントを追加する
「C1.Win.C1」で始まる名前空間のコンポーネントを追加する

Form1の作成

 フォームにコントロールを配置していきます。

 ComboBoxは、DropDownStyleプロパティをDropDownListに設定し、次の項目をItemsプロパティのリストに組み込んでおきます。

  • 棒グラフ
  • 円グラフ
  • エリアグラフ
  • 折れ線グラフ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(True WinChart)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5