このコーナー(ComponentZine)では、コンポーネントを利用して、ソフトウェア の生産性や品質を向上させるための情報を紹介します。

記事

win

 「CData ADO.NET Provider for Salesforce」(以下、CData)を使うとVB.NETやC#のコードからSalesforceが使いやすくなります。このときの接続方法には大きく分けて2つの方法が存在します。接続方法の一つは以前紹介したADO.NETインターフェースを使ってプログラミングする方法で、もう一つは今回紹介するEntityFrameworkを使った方法です。

(05/28)

win

 私が好きなグレープシティ社のコンポーネントはいくつかありますが、その中の一つがSecure iNetSuiteSecure Mailです。Secure Mailの特徴は、なんといっても日本のメール事情に精通したグレープシティ社がきちんと検証を行ってくれているため、メールの文字化けとは無縁の世界でアプリ構築ができるという点でしょう。

(10/31)

win

 昨年3月、『日本語メールの送信で起こりうる予期せぬクレーム~.NET Framework標準機能と市販コンポーネント「Secure Mail」を徹底比較~』という記事にて、日本語メールを送信する場合に文字化けなどの予期せぬクレームを避けるために、グレープシティの「Secure Mail 2.0J」を使用するのが得策だと紹介しました。今回は、ASP.NET MVC 3アプリやWindows Azureアプリで、Secure Mailが使えるかどうか確認します。

(06/23)

スポンサー情報

グレープシティ株式会社本社

グレープシティは「PowerTools」シリーズで知られるコンポーネントベンダーです。


1993年から .NET FrameworkやJava Platformに向け、品質の高いコンポーネントおよび開発支援ツールを提供し続けています。


グレープシティ製品は日本の業務に適したシステムを、より早く開発するためのソフトウェアです。エンドユーザーの利用しやすさ、 幅広いユーザー環境への対応、そして何よりプログラマの作業を軽減することを一番に目指しています。


最新情報はこちら