Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

同期通信でファイルをサーバに転送する.NETアプリケーションを作る

FTPファイル転送機能を持ったアプリケーションの作成 2

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/06/19 14:00

 前回は、Ftpコントロールを使って、FTPサーバからファイルのリスト一覧を取得し、リストボックスで表示するアプリケーションを作りました。Ftpコントロールの使い勝手の良さはお分かりいただけたと思います。このコントロールはリストの取得だけでなく、ファイル転送の操作もとても簡単で、FTPサーバを指定してメソッドを実行するだけで行えます。

目次

はじめに

 前回は、Ftpコントロールを使って、FTPサーバからファイルのリスト一覧を取得し、リストボックスで表示するアプリケーションを作りました。リストの取得だけでなく、ファイル転送の操作もFTPサーバを指定してメソッドを実行するだけという簡単さで、FTPコントロールの使い勝手の良さはお分かりいただけたと思います。

 今回は、さらに踏み込んだ使い方として、サーバに同期通信でファイルを転送する機能を持ったアプリケーションを作成しました。

ファイルを開くダイアログボックスでファイルを指定して、ボタンを押すだけでサーバにファイルを転送する
ファイルを開くダイアログボックスでファイルを指定して、ボタンを押すだけでサーバにファイルを転送する
別のFTPソフトでファイル転送が行われていることが確認できる
別のFTPソフトでファイル転送が行われていることが確認できる

前回の記事

対象読者

 Visual Basic/Visual C# 2005・2008を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005、2008、Visual C# 2005、2008、Visual Studio 2005、2008でプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2005を使用して作成し、動作確認を行っています。

プログラム実行時の注意事項

 PowerTools Secure FTP 2.0Jを使って作成したアプリケーションを配布する場合、PowerTools Secure FTP 2.0Jのアセンブリファイルを添付する必要があります。これは、Common Language RuntimeのDLLをアプリケーションと一緒に配布するのと同じです。

 本記事のサンプルアプリケーションを正常に動作させるためには、次の3つのファイルをインストールする必要があります。

  • Dart.PowerTCP.SecureFtp.dll…本体アセンブリ
  • Dart.PowerTCP.SecureFtp.Forms.dll…フォーム用アセンブリ
  • Dart.PowerTCP.SecureFtp.resources.dll…サテライトリソース

 これらのファイルを、プログラムを実行するフォルダに格納します。

 .NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。

※サンプルプログラム実行時の注意

 サンプルプログラムを実行する際は、サーバーアドレス、ユーザー名、パスワードを正しく入力し、接続ボタンを押してください。これらの入力に対するエラー処理を組み込んでいませんので、入力せずに「接続」ボタンを押す、あるいは間違った入力があると、プログラムは実行時エラーになりますので注意してください。

コンポーネントのインストール

 はじめてPowerTools Secure FTP 2.0Jを使用する方は、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#の開発環境にPowerTools Secure FTP 2.0Jをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。ユーザー情報を登録すると送られてくるメールにダウンロード用のURLが記載されているので、ここからダウンロードしてインストールしてください。ファイルはzip形式で圧縮されています。

 有償のコントロールですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 PowerTools Secure FTP 2.0Jをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、「.NET Frameworkコントロール」のアセンブリ名が「Dart.PowerTCP.SecureFtp」で始まるコンポーネント「Ftp」です。

アセンブリ名が「Dart.PowerTCP.SecureFtp」で始まるコンポーネント「Ftp」を選択する
アセンブリ名が「Dart.PowerWEB.FileUpload」で始まるコンポーネント「Ftp」を選択する

GUIのデザイン

 GroupBox、Label、TextBox、Button、OpenFileDialogとFtpコントロールでGUIを作成します。特にこれといって設定するプロパティはありません。

 アップロード用の3つのTextBoxコントロールには、それぞれFTPサーバのアドレス、ログイン、パスワードを入力しておきます。また、パスワード用TextBoxコントロールは、PasswordCharプロパティに「*」を入力して伏字にしておきます。

GUI画面
GUI画面

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(Secure FTP)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5