Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

サーバのファイルを直接読み書きする.NETアプリケーションを作る

PowerTools Secure FTP 2.0JのFTPコントロールを使ったftpアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/07/22 14:00

 FTPコントロールは、ftpプロトコルを使用してファイルやサーバのファイルリストを転送する機能だけでなく、ftpサーバにあるファイルを直接読み書きするという、とても優れた機能を持っています。今回は、この機能を使用してサーバにあるテキストファイルの読み書きを行う機能を持ったアプリケーションを作成しました。

目次

はじめに

 Secure FTP 2.0JのFTPコントロールは、ftpプロトコルを使用してファイルやサーバのファイルリストを転送する機能だけでなく、ftpサーバにあるファイルを直接読み書きするという、とても優れた機能を持っています。

 そこで今回は、この機能を使用してサーバにあるテキストファイルの読み書きを行うアプリケーションを作成しました。

ftpサーバに接続すると、サーバにあるテキストファイルを読み込んで表示する
ftpサーバに接続すると、サーバにあるテキストファイルを読み込んで表示する
さらにテキストを追加してファイルに書き込み、再度読み込む
さらにテキストを追加してファイルに書き込み、再度読み込む

対象読者

 Visual Basic/Visual C# 2005・2008を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005・2008、Visual C# 2005・2008、Visual Studio 2005・2008でプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2005を使用して作成し、動作確認を行っています。

プログラム実行時の注意事項

 PowerTools Secure FTP 2.0Jを使って作成したアプリケーションを配布する場合、PowerTools Secure FTP 2.0Jのアセンブリファイルを添付する必要があります。これは、Common Language RuntimeのDLLをアプリケーションと一緒に配布するのと同じです。

 本記事のサンプルアプリケーションを正常に動作させるためには、次の3つのファイルをインストールする必要があります。

  • Dart.PowerTCP.SecureFtp.dll(本体アセンブリ)
  • Dart.PowerTCP.SecureFtp.Forms.dll(フォーム用アセンブリ)
  • Dart.PowerTCP.SecureFtp.resources.dll(サテライトリソース)

 これらのファイルを、プログラムを実行するフォルダに格納します。.NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。

※サンプルプログラム実行時の注意

 サンプルプログラムを実行する際は、フォームのサーバアドレス、ユーザー名、パスワード入力欄に正しく入力し、接続ボタンを押してください。

 これらの入力に対するエラー処理を組み込んでいないので、入力せずに「接続」ボタンを押す、あるいは間違った入力があると、プログラムは実行時エラーになるので注意してください。

 また、添付されているデータファイル「mydialy.txt」をftpサーバのルートに転送してください。

コンポーネントのインストール

 はじめてPowerTools Secure FTP 2.0Jを使用する方は、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#の開発環境にPowerTools Secure FTP 2.0Jをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。ユーザー情報を登録すると送られてくるメールにダウンロード用のURLが記載されているので、ここからダウンロードしてインストールしてください。ファイルはzip形式で圧縮されています。

 有償のコントロールですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 PowerTools Secure FTP 2.0Jをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、「.NET Frameworkコントロール」のアセンブリ名が「Dart.PowerTCP.SecureFtp」で始まるコンポーネント「Ftp」です。 

アセンブリ名が「Dart.PowerTCP.SecureFtp」で始まるコンポーネント「Ftp」を選択する
アセンブリ名が「Dart.PowerWEB.FileUpload」で始まるコンポーネント「Ftp」を選択する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(Secure FTP)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5