Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Docker、コンテナ管理ソフト「Docker Community Edition 17.06」をリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/06/29 18:30

 米Dockerは、オープンソースのコンテナ管理ソフト「Docker Community Edition 17.06」を、6月28日(現地時間)にリリースした。

 「Docker Community Edition 17.06」は、同社が4月に開催された開発者向けイベント「DockerCon」で発表した独自コンテナの構築を可能にするフレームワーク「Moby Project」から生まれた最初のバージョンとなる。

 特筆すべき新機能としては、「DockerCon」で発表されたマルチステージビルドの安定版が挙げられる。マルチステージビルドは、中間的なイメージの作成によって、単体のDockerfileから、よりクリーンでコンパクトなDockerイメージを作成できる。

 また、従来からデーモンのAPIエンドポイントより、動作状況の取得が可能だが、今回のリリースからはDockerの/metricエンドポイントをプラグインへ出力できるようになった。さらに、ログドライバプラグインの追加や、docker service logsコマンドの安定版への移行が行われている。

 ほかにも、ネットワーク機能におけるローカルノードへのMacvlanやIPVlan、Bridgeといったサービスの割り当てが可能になるとともに、Swarmモードにおける設定機能の追加やアクセスキー・ローテーションの改善、Dockerイベントへの対応、独立して利用可能なデータパスの追加といった変更が行われた。

 Mac/Windows向けのデスクトップ版では、設定内容を維持したままデータをリセットする機能が追加されたほか、他のコンテナへのアクセス時に使える実験的なホスト名や、レジストリへのアクセスが発生する場合の認証が追加されている。さらに、クラウド版ではCloudstor volumeにおいてDocker for AWSとDocker for Azureがサポートされた。


【関連リンク】
Docker(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5