Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Docker」、コンテナ管理システム「Kubernetes」を統合

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/19 11:10

 オープンソースのアプリケーションコンテナ「Docker」は、コンテナ管理システム「Kubernetes」を統合することを10月17日(現地時間)に発表した。

 「Docker」は、2016年にコンテナ管理システムとして「Swarm」を統合し、ユーザーにも好評を得ているが、コンテナスケジューリングのために「Kubernetes」のような他のコンテナ管理システムを使用したい、というユーザーからのフィードバックを受けて、今回の「Kubernetes」の統合に至っている。

 「Docker」開発チームは、「Kubernetes」によってネイティブにDockerアプリケーションを展開できるようにするコンポーネントの開発にも取り組んでおり、カスタムリソースやAPIサーバ集約レイヤーといった、「Kubernetes」拡張メカニズムの使用によって、Dockerアプリを「Kubernetes」のネイティブポッド/サービスとして実装可能になる。

 「Docker」の次のバージョンでは、ワークステーションで動作する「Kubernetes」上で直接アプリケーションを開発・テストできるようになるほか、「Kubernetes」または「Swarm」でオーケストレーションされたプロダクションでアプリケーションを実行しながら、セキュアなマルチテナント、イメージスキャン、ロールベースのアクセス制御といった、「Docker Enterprise Edition」のすべてのメリットが得られる。

 「Kubernetes」が統合された「Docker Enterprise」および「Docker Community Edition」のベータ版は、2017年後半の提供を予定している。


【関連リンク】
「Docker」(英語)
「Kubernetes」(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5