Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、Visual Studio Codeの2018年6月アップデートを公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/09 11:20

 米Microsoftは、クロスプラットフォームのソースコードエディタである、Visual Studio Codeの2018年6月アップデート(バージョン1.25)を公開している。

 「Visual Studio Code 1.25」には、新機能としてエディタのグリッドレイアウト機能、アウトラインビュー、ポータブルモード、ドラッグ&ドロップによるファイルやフォルダのオープン、ホバー表示オプション、サブワードナビゲーション、フローティングデバッグツールバーが追加されたほか、拡張機能のビューや設定エディタにおける機能改善が行われた。さらに、言語サーバプロトコルインスペクタやPython Flaskのチュートリアルが追加されている。

 エディタのグリッドレイアウト機能では、エディタ画面を垂直方向と水平方向に配置して、3つ以上のエディタ画面を並べて配置できるようになった。

 アウトラインビューは、プレビューを行わない表示形式で、デフォルトで利用可能になっている。ファイルエクスプローラーの最下部にある独立したセクションで、拡大するとアクティブなエディタのシンボルツリーが表示される。

 ポータブルモードは、Visual Studio Code環境をUSBメモリやファイル共有を使って移動させたい場合に適したモードで、WindowsおよびLinuxのZIPダウンロード版およびmacOS版でサポートされている。

 ドラッグ&ドロップによるファイルやフォルダのオープンでは、Visual Studio Codeの空のエクスプローラに、ファイルやフォルダ、ワークスペースファイルをドロップすることで開けるようになった。

 ホバー表示オプションでは、エディタのホバーのオン/オフ、ホバーが表示されるまでの時間、マウス移動時にホバーを表示したままにするかどうかをカスタマイズできる。

 フローティングデバッグツールバーは、従来のデバッグツールバーをフローティング表示して移動可能にすることで、他のウィンドウなどに隠されることなく、常に表示された状態にできる。

 このほか、パフォーマンスの向上や、付属するTypeScriptの「TypeScript 2.9.2」へのアップデート、ブラウザ互換性データの精度向上など、多彩な機能追加・改善が行われている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5