SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

AWS、データ管理サービス「Amazon DataZone」の一般提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Amazon Web Servicesは、組織内のデータプロデューサとコンシューマ間でデータをカタログ化、発見、分析、共有、管理するための新たなデータ管理サービス「Amazon DataZone」の一般提供を、10月4日(現地時間)に開始した。

 Amazon DataZoneは、2022年に開催された「AWS re:Invent 2022」にて発表され、2023年3月にプレビュー公開されている。

 Amazon DataZoneを使用することで、データプロデューサはAWS Glue Data CatalogおよびAmazon Redshiftテーブルの構造化データアセットを、ビジネスデータカタログに追加することが可能になるとともに、データコンシューマはデータカタログ内のデータアセットを検索・サブスクライブして、他のビジネスユースケースの共同作業者と共有できるようになる。

 また、コンシューマはAmazon DataZoneポータルから直接アクセス可能な、Amazon RedshiftやAmazon Athenaクエリエディタといったツールを使用して、サブスクライブしたデータアセットを分析できるようになり、統合されたパブリッシングとサブスクリプションのワークフローによって、プロジェクト全体にわたるアクセス監視を実現する。

 Amazon DataZoneドメインは、組織内の基幹業務(LOB)、またはビジネス領域の明確な境界を表し、独自のデータアセットやデータまたはビジネス用語の独自の定義を含む、独自のデータを管理することが可能で、独自の管理基準を持つ場合もある。ドメインには、データポータル、ビジネスデータカタログ、プロジェクトと環境、組み込みワークフローといった、すべてのコアコンポーネントが含まれる。

 なお、一般提供の開始にあたって、複数のビジネス用語集をアセットに添付したり、用語集をアセット内の個々の列に添付したりできるようになったほか、データの公開および利用を行うユーザーにデータの自律性を提供すべく、APIを使用してあらゆるタイプのアセットをカスタマイズして、カタログに取り込めるようになった。さらに、プロジェクトがビジネスユースケースベースの論理コンテナとして機能するようになり、データ公開時にアセットに添付されるサブスクリプション条件を設定して、他のソースのEventBridgeイベントを使用してカスタマイズすることで、AWS管理のデータレイクとAmazon Redshiftのサブスクリプション付与の履行を自動化できるようになっている。

 Amazon DataZoneは現時点で、米国東部(オハイオ、バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、アジアパシフィック(シンガポール、シドニー、東京)、カナダ(中部)、欧州(フランクフルト、アイルランド、ストックホルム)、南米(サンパウロ)のAWSリージョンにて利用可能であり、無料トライアルを使用することによって、最初の3か月間は追加料金なしで50ユーザーまで利用できる。無料トライアルは、AWSアカウントにAmazon DataZoneドメインを作成した時点で開始され、試用期間中に月間ユーザー数を超過した場合は標準料金が請求される。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/18468 2023/10/31 14:35

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング