CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【YAPC::Asia 2008】モバゲータウンのフレームワーク「MobaSiF」公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/05/16 17:30

YAPC::Asia2日目のセッションでは、DeNAで使われているモバイルサイト向けフレームワークが公開され、その概要が解説された。

 Perlカンファレンス「YAPC::Asia」2日目は、「Introduction "MobaSiF"(Mobile Simple Framework)」と題されたセッションが行われ、株式会社DeNAの能登信晴氏、川崎修平氏が壇上にあがり、同社で使われているモバイルサイト向けフレームワーク「MobaSiF」を公開するとともに、その概要が解説された。

能登氏
能登氏

 能登氏はまず、MobaSiFの特徴について「薄くてシンプルで非常に軽い。中身を見てもらえればわかるが、すぐに理解できるのでは」と、文字通りシンプルなフレームワークであると説明した。一方で「2004年よりモバオクで使われはじめて以来、ポケットアフィリエイトモバゲータウンなど大規模サイトで運用されてきた」と、MobaSiFが実績を持っているフレームワークであることも強調した。

 MobaSiFは、主に「3キャリア対応絵文字変換」「端末ID、キャリアの検知機能」「シンプルなテンプレートエンジン」「MVCコントローラー」などが含まれたフレームワークとなっており、それぞれを独自に活用することもできる。その他、DBIラッパー「DA.pm」やデーモン作成用モジュール「Daemon.pm」なども同梱されている。対応環境はLinux(DeNAではRedHat 9を使用)、Parl 5.8.0以降、Apache(DeNAでは1.3.xを使用)、FastCGIまたはmod_perl、MySQLなど。

 ベンチマークを比較してみると、日記ページを10件表示した際、Template Toolkitを使った場合は1秒間に612ページ分だったが、MTemplate(MobaSiFのテンプレートエンジン)を使うと秒間14,312ページ表示できるなど、約22倍の高速性を実現している。「ただ、これに関しては数ミリ秒でのできごとなので、特にこだわる部分ではないと思う」(能登氏)としながらも、絵文字の変換速度はEncode::JP::Mobileを使った際よりも約3倍、静的なページを表示させてフレームワークのベンチマークを計ってみると、Catalystを使用した際の6倍近い性能を持つなど、実績に見合った能力を兼ね備えているようだ。

 今回、フレームワークをオープンソース化した理由について尋ねられると、川崎氏は「理由の1つとして、YAPC::Asiaのために何かいいネタを出したかった」と回答。予定されていた携帯メール向け配信モジュールの公開が間に合わないなど、まだ準備不足の部分もあるとしながらも、「今後もソースを公開していくので、ぜひ中身をのぞいてみて欲しい」と述べた。

川崎氏がYAPC::Asiaにあわせてオープンソース化したことを明かすと、会場からは拍手が起きていた
川崎氏がYAPC::Asiaにあわせてオープンソース化したことを明かすと、会場からは拍手が起きていた

 MobaSiFは以下のサイトでオープンソースとして公開されている。ライセンスはArtistic LicenseまたはGPLv2。ドキュメントは圧縮ファイルに同梱されている。

 
【関連リンク】
YAPC::Asia 2008 - May 15-16th in Tokyo, JAPAN
はてなブックマーク - タグ「yapcasia2008」を含む注目エントリー

【YAPC::Asia 2008】YAPC::Asia 2008本日開催中! 前夜祭の模様
【YAPC::Asia 2008】オブジェクト指向を学ぶときこそPerlを学んで欲しい

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5