Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

自作HTTPサーバーのマルチスレッド化と動作検証

Javaによる簡易HTTPサーバーの作成 第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/02/22 12:00

『Javaによる簡易HTTPサーバーの作成』シリーズの第3回では、前回までのHTTPサーバーの実装に対してマルチスレッド処理を追加します。また、ベンチマークテストを行い、実装したマルチスレッド処理の動作検証も行います。

目次

はじめに

 『Javaによる簡易HTTPサーバーの作成』第3回目の今回は、前回までのHTTPサーバーの実装に対してマルチスレッド処理を追加します。本記事では、次の項目について取り上げます。

  • スレッドの作成
  • スレッドプールの仕組み

対象読者

 本記事は、Javaプログラミングの初級者から中級者を対象に、J2SEのスレッドの利用方法を説明します。なお、J2SE 5.0で追加されたコンカレントユーティリティについては本記事の対象外とします。

必要な環境

 本記事のソースをビルド/実行するには、J2SE 1.4以上を利用してください。ソースファイルアーカイブは、直接NetBeans 4.1のプロジェクトとして開けるように構成してありますが、NetBeans 4.1を利用しなくても、コマンドラインからJDKおよびAntを利用してビルドすることができます。

 なお、ソースファイルアーカイブに格納してあるコンパイル済みクラスファイルとjarファイルは、J2SE 1.5.0でビルドしたものです。J2SE 1.4の環境で実行する場合は、再ビルドしてください。

 参考までに筆者が利用した本記事のテスト環境は以下のものです。

OSJ2SEAnt
OSX 10.4.41.5.0_051.6.2
Windows XP1.5.0_061.6.2

NetBeans 4.1からの利用

 メニューから[ファイル]-[プロジェクトを開く]を順に選択し、ソースファイルアーカイブを展開したディレクトリの「httpserver」ディレクトリを選択して、[プロジェクトフォルダを開く]をクリックしてください。

 プロジェクトが読み込まれたら、プロジェクトのコンテキストメニュー(ショートカットメニュー)から[プロパティ]をクリックし、[プロジェクトプロパティ]の[プロジェクトの実行]タブを選択して、[作業用ディレクトリ]に展開したディレクトリの「httpserver\html」を設定してください。

 以降、プロジェクトのコンテキストメニューから実行、デバッグ、テスト実行が可能となります。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • arton(アートン)

    専門は業界特化型のミドルウェアやフレームワークとそれを利用するアプリケーションの開発。需要に応じてメインフレームクラスから携帯端末までダウンサイジングしたりアップサイジングしたりしながらオブジェクトを連携させていくという変化に富んだ開発者人生を歩んでいる。著書に『Ruby③ オブジェクト指向とはじめ...

バックナンバー

連載:Javaによる簡易HTTPサーバーの作成
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5