CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Javaに関する記事とニュース

454件中1~20件を表示
  • 2021/04/01

    Eclipseの便利なキーボードショートカットをご紹介

     本連載ではIDEの1つであるEclipseを紹介していきます。Eclipseが世に出てから20年以上は経過していますが、いまだにデファクトスタンダードという不動の地位にいます。歴史もあり、さまざまな開発者に利用されている割には、Eclipseの入門にあたるようなまとまった情報源は意外と少ないといえます。本連載がその一助となれば幸いです。前回は、Eclipseでのデバッグ方法を紹介しました。また、プロジェクトの削除と復活についても触れました。今回は、Eclipseを使っていく上で、便利なショート...

  • 2021/02/09

    Eclipseでのデバッグ方法~プロジェクトの削除と復活

     本連載では、IDEの1つであるEclipseを紹介していきます。Eclipseが世に出てから20年以上は経過していますが、いまだにデファクトスタンダードという不動の地位にいます。歴史もあり、さまざまな開発者に利用されているわりには、Eclipseの入門にあたるようなまとまった情報源は意外と少ないといえます。本連載がその一助となれば幸いです。前回は、Eclipseでのコーディング方法および入力したプログラムの実行方法を紹介しました。今回は、入力したプログラムを効率よくデバッグする方法を紹介します...

  • 2020/12/10

    AndroidアプリでのHTTPアクセスとJSONデータ処理

     2020年9月8日にAndroid 11(APIレベル30)がリリースされました。このAPIレベル30で、AsyncTaskクラスが非推奨となりました。AsyncTaskは、Androidの非同期処理を行う際に非常に便利なクラスとして、様々な場面で利用されてきました。このクラスが非推奨になるということは、今後は代替の方法を採用していく必要があります。本稿では、全3回にわたって、非同期処理がよく登場する場面としてWeb API連携を題材に、AsyncTaskクラスを利用しないAndroidの非同...

  • 2020/11/24

    SpringOne 2020参加レポート~DX成功のキー要素とその実現のためのVMwareのサポート態勢、最新プロジェクト情報

     JavaのOSSフレームワーク「Spring Framework」を中心に、ソフトウェア開発に関するさまざまな知見が交わされるカンファレンス「SpringOne 2020」が2020年9月2日〜3日の2日間、オンラインで開催されました。本記事では多岐にわたる内容の中から注目すべきトピックをまとめてレポートします。

  • 2020/11/17

    JavaによるAndroid非同期処理の基本

     2020年9月8日にAndroid 11(APIレベル30)がリリースされました。このAPIレベル30で、AsyncTaskクラスが非推奨となりました。AsyncTaskは、Androidの非同期処理を行う際に非常に便利なクラスとして、様々な場面で利用されてきました。このクラスが非推奨になるということは、今後は代替の方法を採用していく必要があります。本稿では、全3回にわたって、非同期処理がよく登場する場面としてWeb API連携を題材に、AsyncTaskクラスを利用しないAndroidの非同...

  • 2020/11/16

    「Java×クラウドネイティブ」の未来に向けて――エキスパート達が語った現状と課題

     クラウドネイティブなアプリケーション開発が浸透するなか、エンタープライズシステムにおけるJavaの未来はどうなるのか――2020年9月18日、レッドハット株式会社はこのテーマをもとにしたオンライン座談会を実施、Javaのエキスパートである同社のソリューションアーキテクト 伊藤 智博氏とマイクロソフト・コーポレーションのSr. Cloud Advocateの寺田佳央氏が登壇した。ビジネスシーンにおけるシステム要件の変化や日本におけるクラウドネイティブへの取り組み、Javaが抱える課題とその克服方...

  • 2020/10/28

    Eclipseでの初めてのコーディング~プログラムの実行方法まで解説

     本連載ではIDEの1つであるEclipseを紹介していきます。Eclipseが世に出てから20年以上は経過していますが、いまだにデファクトスタンダードという不動の地位にいます。歴史もあり、さまざまな開発者に利用されている割には、Eclipseの入門にあたるようなまとまった情報源は意外と少ないです。本連載がその一助となれば幸いです。初回である前回は、Eclipseのインストールを行い、Eclipseの画面構成を紹介しました。今回は、Eclipseでのコーディング方法、および、入力したプログラムの...

  • 2020/10/12

    Java 12~15でアップデートされたJVMの動作に関する変更点は? マイクロサービスの普及による軽量化ニーズが背景に

     前回はJava14・15で変わるJavaの言語仕様を中心に紹介しましたが、今回はJDKに関連するツールやJavaコマンドの実行時に利用するような、JVMの動作に関する変更点についても紹介します。

  • 2020/09/28

    Java 12~15でリリースされた機能を確認しよう! 新しいクラス・構文・式でコードが書きやすく

     Java 11(LTS)バージョンがリリースされてから、約2年がたち、2020年9月にJava 15がリリースされました。また、約1年後にはJava 17という次のLTSバージョンがリリースされようとしています。そこで今回は、次のLTSバージョンを見据えてJava 14からJava 15に含まれた機能をご紹介します。

  • 2020/08/28

    指定幅に文章を書くための追い出し禁則処理

     追い出し禁則の禁則処理を紹介します。指定幅に書けるだけ書くタイプの均等割付けに機能を追加するだけで、実現できます。連載第1回で完成図を示しながら第4回で途中までになっていた通知表を完成させます。

  • 2020/08/21

    縦書きのための均等割付と宛名自動改行印刷

     前回の均等割付や宛名の自動改行印刷を縦書きで行います。何文字まで書けるかを求める方法が変わります。また、縦書きにするとフォントを回転させたり位置を調整しなければならない文字がありますが、宛名なのでハイフォンだけを考えます。またこれとは別に算用数字を漢数字にする方法も扱います。物理フォントによるフォント指定についても試みをしています。

  • 2020/07/08

    宛名印刷と印刷プレビュー

     印刷前のプレビューと宛名印刷を扱います。プレビューは仕組みを簡易版で確認した後、画面を拡大・縮小したり、印刷位置の微調整をしたり、複数のページの印刷の様子を確認し一括で印刷に進むような機能を持ったクラスを作ります。宛名印刷では住所をスペースや「丁目」「大字」「番地」など特定の文字列を区切り候補として使って、自動で改行して指定幅に収めるクラスを作ります。

  • 2020/06/29

    均等割付・右寄せ・センタリングを簡単に扱う道具を作る

     本稿では、Java SEの標準機能だけを使った帳票印刷の方法を解説します。前回はプリンタ(ドライバ)から対応可能な用紙サイズを取得することでJavaに登録されていない長形3号封筒などへの印刷について説明しました。今回は均等割付けなどの文字配置や罫線を簡単に処理するための自作クラスの提案をします。サロゲートペアを必要とする文字についても対応します。

  • 2020/06/22

    プリンタの検索と選択、そして特に長形3号封筒への印刷

     本稿では、Java SEの標準機能だけを使った帳票印刷の方法を解説します。前回はJava側に用意された用紙サイズに一部不備と思われる部分があることを指摘しましたが、今回はプリンタ(ドライバ)から対応可能な用紙サイズを取得することを試みます。用紙選択の話を早く済ませて印刷プレビューや、文字の均等割付などの話に進みたいところですが、乗りかかった船ですので説明いたします。A4やA3や葉書への印刷しか必要ないという方には用のない話ですが、プリンタの検索と選択が可能になり、特に長形3号封筒への印刷ができ...

  • 2019/08/07

    Spring Bootでバックエンドシステムを作成しよう

     前回までは、住所録管理を通じて簡単なWebアプリケーションについて説明しました。郵便番号を入力すると住所を自動で入力してほしいなどの要望がありますが、さまざまなサービスを運用していると他のアプリケーションでも同様の要望が上がります。また、マイクロサービスとして小さなサービスを作成する場合、他のシステムから提供されたデータを自分たちのサービス用に加工し、再提供するケースがあります。今回からは、このようなケースを想定し、郵便番号から住所情報を提供するサンプルアプリケーションを通じてバックエンドでの...

  • 2019/08/06

    Javaの標準機能だけで印刷する際の用紙のサイズや向き、余白の指定

     本稿では、Java SEの標準機能だけを使った帳票印刷の方法を解説します。今回は、用紙のサイズや向き、余白の指定について説明します。また実際に印刷する時には、PrinterJobを使う方法もDocPrintJobを使う方法も同じように使えることを、拡張の歴史を踏まえて説明します。

  • 2019/07/01

    Spring Bootでデータベースにアクセスしよう

     前回、サンプルアプリケーションを通じて、Spring MVC(Webインターフェース)で利用する基本的なアノテーションについて紹介しました。今回も前回利用したサンプルアプリケーションを通じて、Spring Bootでのデータベースを扱う際の設定や基本的操作について紹介します。

  • 2019/06/05

    Spring BootでWeb APIを作ろう

     前回、サンプルアプリケーションを通じて、Spring Bootで利用する基本的なアノテーションについて紹介しました。今回も前回利用したサンプルアプリケーションを通じて、Web APIを実装する際に利用するアノテーションや必要となるSpring Bootの設定方法などを中心に紹介します。

  • 2019/05/10

    Spring Bootで使われる基本的なアノーテーションと設定の仕組み

     前回、Spring Bootを使って簡単なサンプルを紹介しましたが、今までのJavaプログラムを知っている方にとっては非常に少ないコードで実行できることに驚いた方もいるかもしれません。また、実装部分のコードがPOJO(Plain Old Java Object)クラスになっていることに気がつく方も多いことでしょう。一方で実装しているコードにはアノテーションが記述されています。Spring Bootではこれらのアノテーションの意味は非常に大切になります。今回はSpring Bootを利用する上で...

  • 2019/05/09

    Javaの標準機能だけで実現する帳票印刷の基本

     Javaで好みの用紙に自由に文字や線を印刷したいと思ったことはありませんか。Java SEの機能だけを使った帳票印刷の方法を解説します。筆者は教員として学校の成績一覧表、通知表、宛名印刷などのプログラムを書いてきました。もちろん罫線を含めて印刷できますが、すでに印刷された罫線に合わせて文字を入れることもできます。データの量に合わせて表の行数を変えたり、行の高さを変えることもできます。文字列の均等割付や右寄せ、枠に入り切らない時のフォントのサイズ調整や自動改行をさせることもできます。請求書や伝票...

454件中1~20件を表示
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5