Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Javaの限界を超えて実用化を目指す
新開発言語「Scala」のメリットとは~補足編

キーワードは手軽さと拡張性

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Scala(スカラ)というプログラム開発言語をご存知でしょうか。ScalaはJavaの良さを継承し、かつスクリプト言語や関数型言語のメリットを吸収した言語で、Javaの後継を担うものとして注目されています。今回はシリーズの補足編として、Scalaの個性的プログラミングについて解説します。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 株式会社パテントビューロ 三木隆史(ミキ タカフミ)

    株式会社パテントビューロ所属。マネージャー業務と平行して、Webアプリケーション開発、自然言語系の研究開発を行なう。以前はC言語による組込開発。違和感なくScalaへ移行できたことや、ロジック部分に注力できる生産性の高さに驚いている。

  • 株式会社パテントビューロ 木村吉博(キムラ ヨシヒロ)

    政府系研究機関での研究開発を経て、現在、株式会社パテントビューロにて、プログラミング(知財関連文書(SGML/XML)の変換バッチ処理のScalaでの記述など)を担当している。 複雑でイレギュラーな記述も多々見られる大量の文書を相手にする際に、Scalaの書きやすさと高速性とに大いに助けられている...

バックナンバー

連載:新開発言語「Scala」の実体
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5