Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Javaをネイティブアプリに変換する「Excelsior JET 7.2」発売
起動時間、ビルド時間を短縮

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/06/24 20:15

 エクセルソフトは23日、JavaアプリケーションをWindows用およびLinux用に高速化・最適化するJava開発ツール「Excelsior JET 7.2」の販売を開始した。

 Excelsior JETは、Javaアプリケーションやコンポーネントであるクラスファイルを、Windows上ではEXEおよびDLLファイルに、Linux上では実行ファイルおよび共有オブジェクトに変換する開発ツール。変換されたネイティブコードの実行ファイルはJavaのクラスファイルよりも高速に動作し、Sun MicrosystemsのJREも必要としない。日本語インストーラーを含む10か国語のインストーラーを作成できるJetPackⅡが搭載されており、作成したアプリケーションは無料で配布できる。

 今回のバージョンでは、新機能として「スタートアップ アクセラレーター」が追加された。これにより、大規模なJavaアプリケーションなどの起動時間を大幅に短縮できる。ビルドにかかる時間も短縮され、アプリケーションのコンパイル時間を30%程度抑えることが可能だ。ほかにも、ユーザビリティやインストーラーの強化やJITコンパイル時間の短縮、不具合の修正など、多くの改良が加えられている。

 動作環境は、Windows 7/Vista/XP、Windows Server 2008/2003/2000、Linux Kernel 2.4.x/2.6.x、glibc 2.2.5またはそれ以上。価格は、スタンダードエディションのWindows版が163,800円から、Linux版が259,350円からとなっている(すべて税込)。また、各エディションには、Windows版&Linux版(バンドル)も用意されている。

 製品の詳細については、公式サイトを参照のこと。

 
【関連リンク】
Excelsior JET 7.2:エクセルソフト

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5