Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IDCフロンティア、パブリッククラウドサービスのSLAを99.995%に向上

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/04/23 11:40

 IDCフロンティアは23日、同社が提供するクラウドコンピューティングサービス「IDCフロンティア クラウドサービス」において、仮想マシンとインターネット接続可用性の稼働率のSLA(Service Level Agreement:品質保証制度)を月間99.99%から99.995%へと引き上げ、信頼性を向上した。過去半年間の稼働実績平均が月間で約99.999%~100%の間で運用できたことに基づくと説明しており、国内のパブリッククラウドサービスとしてははじめて。

 「IDCフロンティア クラウドサービス」は、「世界標準クラウド」「多様なバリエーション」「日本品質の信頼性」をコンセプトにITリソースを構築・管理できるIaaS型のパブリッククラウドサービスで、2009年6月から国内データセンターでのサービスの提供を開始している。

 また、同サービスはすべての事業所およびデータセンターにおいて、情報セキュリティの認証基準である「ISO/IEC27001:2005(JIS Q 27001:2006)」を取得。さらに、クラウド基盤において経済産業省が公表している「クラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドライン」や厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第4.1版」における、事業者側に求められるIT基盤の安全管理や運用方法などの要件をクリアしている。

 これらの要件を満たすことによって、従来はクラウドサービスでの運用が難しかった、高度なセキュリティ対策が必要なシステムや、診療記録などの情報を扱う医療情報システムなど、インフラ設計から運用フェーズまで長い期間と多額のセキュリティ対策コストが必要だったシステムへの、パブリッククラウドの活用が可能となった。


【関連リンク】
IDCフロンティア
「IDCフロンティア クラウドサービス」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5