Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JavaScriptライブラリ「jQuery 3.0」の正式版がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/10 14:30

 JavaScriptライブラリjQueryの開発チームは、2014年10月から開発を進めてきた「jQuery 3.0」の正式版を、6月9日(現地時間)に公開した。「jQuery 3.0」ではInternet Explorer 6~8をサポートしていないため、Internet Explorer 6~8へのサポートが必要な場合は「jQuery 1.12」の使用が推奨される。

 「jQuery 3.0」では、jQuery.DeferredがPromises/A+およびES2015との互換性を確保したほか、catch()メソッドに.then(null, fn)へのエイリアスとなるpromiseオブジェクトが追加されている。また、従来バージョンではエラーメッセージが表示されなかったいくつかのケースについて、エラーメッセージを表示するよう変更が加えられた。

 このほか、「jQuery 1.8」から存在していた.load、.unload、.errorの廃止と、.on()への統合や、requestAnimationFrame APIのサポートによるアニメーション機能への対応、いくつかのカスタムセレクタにおける処理速度の大幅な向上を含む、さまざまな機能追加、機能向上、バグフィックスが行われている。

 さらに、通常版からAjaxとエフェクトモジュールを分離した「スリム」バージョンを用意しており、通常版と比較して、gzip圧縮で6kBの軽量化を実現した。

 なお、jQuery UIとjQuery Mobileとの互換性に関する問題については、現在対策が進められており、今後のリリースによって解消される。開発チームでは、この問題が発生した場合は、jQuery Migrate 3.0 pluginを使用するよう求めている。


【関連リンク】
jQuery(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5