Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

記事一覧

5191~5205件(全5244件)
  • 129_t.jpg
    2005/08/02

    コンボリューションを用いた画像の平滑化、鮮鋭化とエッジ検出

    コンボリューション(畳み込み演算)を画像処理に使うと、画像を滑らかにしたり、シャープにしたりできます。本稿では、Java 2D APIを利用して、画像処理の基本となる平滑化、鮮鋭化、およびエッジ検出を実装する方法を解説します。

  • 2005/08/01

    放置されている未読メールを携帯に自動転送する

    「未読状態のまましばらく経過したメールを携帯に転送したい」という筆者のちょっとした悩みを解決するために書いたのが今回のプログラムです。このJavaMailを利用したプログラムは、IMAP形式のメールやLinux環境でも利用できます。

  • 127_t.jpg
    2005/07/29

    CD-ROMから起動できるWebアプリケーション環境の構築

    .NET Frameworkで実装された簡易WebサーバCassiniを利用することで、CD-ROMから起動できるWebアプリケーション環境を構築することができます。

  • 126_t.jpg
    2005/07/28

    WinPcapを使用したパケットモニターの作成

    本稿では、WinPcapを使用したパケットモニターを作成し、パケットドライバー「WinPcap」の利用方法、および取得したデータをプロトコルに従って解析する手法について紹介します。

  • 125_t.jpg
    2005/07/27

    WinSock2を使用したパケットモニターの作成

    本稿では、WinSockでパケットモニターを作成し、WindowsでRAWソケットを扱う方法を紹介します。また、GUIプログラムを作成する場合に必須となる「非ブロッキングモード」や、すべてのパケットを取得するための「プロミスキャスモード」についても触れます。

  • 104_t.gif
    2005/07/26

    軽量なMVCフレームワークの自作(改訂版)

    PHPにおける主なMVCフレームワークは、MVCであるほかに数々の強力な機能を実装しているため、開発的にも実行速度的にも、かなり「重い」と考えられます。そこで本稿では、手軽に利用できるPHPらしさを生かした、軽量なMVCフレームワークを自作する方法を紹介します。

  • 124_t.jpg
    2005/07/25

    スタックトレースを利用してメソッドの情報を取得する

    プログラムが実行中に例外をスローすると、標準出力にスタックトレースが表示されます。この情報は、実行中に仮想マシンが保持しているスタックフレームの内容です。本記事では、スタックフレーム情報から例外の発生したメソッド名やクラス名前などの情報を取得する方法について説明します。

  • 117_t.gif
    2005/07/15

    ashxファイルを利用したアクセスカウンタの実装

    .NET Frameworkには画像を生成するためのクラスが含まれています。本稿では、アクセスカウンタの実装サンプルを通して、ASP.NETで画像を自動的に生成しブラウザにダウンロードする方法を解説します。

  • 111_t.jpg
    2005/07/14

    Eclipse JETを使用した簡単なコード生成の実例

    多くの方がJavaでのテンプレートエンジンとしてJakarta Velocityを利用されていることと思います。本稿では、Velocityに比べてマイナーなJET(Java Emitter Template)を紹介し、コード生成のサンプルとして簡単なExcel-Javaバインディングツールを作成します。

  • 113_t.jpg
    2005/07/14

    iBATIS.NETにてO/Rマッピングを行う(DAO Framework編)

    データベースを実装する際に「iBATIS.NET」を導入すると、プログラムからSQLを分離したり、パーシステンス層とサービス層を分離したりして、データベースの管理を簡単にすることができます。本稿では、このiBATIS.NETに含まれるの2つのフレームワークのひとつ「DAO Framework」について紹介します。

  • 112_t.jpg
    2005/07/13

    iBATIS.NETにてO/Rマッピングを行う(SQL Maps編)

    データベースを実装する際に「iBATIS.NET」を導入すると、プログラムからSQLを分離したり、パーシステンス層とサービス層を分離したりして、データベースの管理を簡単にすることができます。本稿では、このiBATIS.NETに含まれるの2つのフレームワークのひとつ「SQL Maps」について紹介します。

  • 116_t.jpg
    2005/07/12

    隠線処理を用いた三次元グラフの作成

    三次元グラフは、z=f(x,y)で与えられる関数を分かりやすく表示できるので、多くの科学的論文や資料で使用されます。本稿では、自分でも作れるように、三次元グラフの仕組みと実装例を紹介します。

  • 105_t.jpg
    2005/07/07

    JavaのSSLSocketでSSLクライアントとSSLサーバーを実装する

    インターネットを利用した商取引に、SSLを利用したセキュリティの確保はかかせません。本稿では、J2SE1.4から標準で用意されたJSSE(Java Secure Socket Extension)のAPIを利用した簡単なSSLサーバー/クライアントの実装例を紹介します。

  • 101_t.jpg
    2005/07/01

    TCP/IPを利用しているプロセス情報を視覚的に表示する

    本稿では、ネットワークに接続しているプロセスの情報を視覚的に表示するプログラムを紹介します。また、プロセスIDを取得することができるAPIが存在しないWindowsNT/2000でも、カーネルオブジェクト経由することで、プロセスIDを取得できることを解説します。

  • 98_t.jpg
    2005/06/22

    パターン認識の前処理に必要な二値画像の細線化

    細線化とは、二値画像を幅1ピクセルの線画像に変換する処理のことで、画像処理の中では比較的利用頻度の高いものです。特に、文字認識やパターン認識の前処理として多く使われます。

5191~5205件(全5244件)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5