CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

[C-2]DXを支えるオブザーバビリティの重要性

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
■イベント:
Developers Summit 2021 Summer 講演資料まとめ
■講演日時:
2021年07月30日(金)10:55 ~ 10:40
■講演者 :
大谷 和紀[Splunk Services Japan]
■タグ
イノベーション  

セッション概要

DXの重要性が語られていますが、具体的な取り組みを進めるにはどのようにすればいいのでしょうか。
このセッションでは、DXにおいて「変革」を支えるDevOpsに着目し、企業におけるDevOpsの推進とイノベーションの加速のために重要となる「オブザーバビリティ(Observability: 可観測性)」というトレンドとともに、Splunk Observabilityについてデモを交えてご紹介します。

講演者プロフィール

大谷 和紀[Splunk Services Japan]

Splunk Services Japan 合同会社
Senior Sales Engineer, Observability

Splunkでは、オブザーバビリティ(可観測性)製品を広めて使っていただく係をしています。それまでは業務システム業界でSEとして7年の経験を積んだ後、広告配信サービスを構築・運用をリーダー/CTOとして8年ほど経験しつつ、オブザーバビリティ製品のカスタマーサクセスも担当しつつ、スクラッチからのアプリケーション開発、クラウド利用推進、開発組織の改善などなどやってました。よく使う言語はScala, Go。好きなビルドツールはMakeです。
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5