Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ソラコム、Seeedの「Wio LTE JP Version」を「SORACOM」のウェブコンソールで販売、SIMやモジュールが同梱された「Grove IoT スターターキット for SORACOM」も

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/26 14:50

 ソラコムは、中国・Seeed Technologyが提供している、Arduino IDE互換シングルボード「Wio LTE JP Version」の販売を、10月25日に「SORACOM」のウェブコンソールで開始した。税別価格は9800円。

 「Wio LTE」は、セルラー通信接続に対応するArduino IDE互換シングルボード。デジタル入出力、アナログ入力、シリアル通信(UART、I2C)をサポートしており、Seeed Technologyが提供する「Groveモジュール」と組み合わせることで、IoT機器を製作できる。また、開発者向けとして、Arduino IDEによる開発環境、ライブラリ、サンプルプログラムも提供されている。

Wio LTE
Wio LTE

 「Wio LTE」と「SORACOM」を組み合わせれば、センシングからサーバへのデータ送信まで、IoTシステム構築にかかる時間を大幅に短縮可能で、プロトタイプ開発だけでなく量産にも対応する。

 このほか、12月1日には「Wio LTE JP Version」×1台、「SORACOM Air for セルラー(国内用)」×1枚、「Groveモジュール」×7種(加速度センサ、磁気スイッチなど)をセットにした「Grove IoT スターターキット for SORACOM」も発売する。税別価格は15980円。

Grove IoT スターターキット for SORACOM
Grove IoT スターターキット for SORACOM


【関連リンク】
ソラコム
「Wio LTE JP Version」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5