Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

クロスプラットフォームのアプリケーションフレームワーク「Qt 5.11」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/23 18:00

 The Qt Companyは、クロスプラットフォームのアプリケーションフレームワーク「Qt 5.11」を、5月22日(現地時間)にリリースした。

 「Qt 5.11」では、Qt Coreでrvalue参照オーバーロードに対応するとともに、STLの互換性を向上した新機能が追加されたほか、Qt NetworkがALPNとHTTP/2に対応している。また、QNetworkRequestはHttp2DirectAttributeによって、ネゴシエーションなしでのHTTP/2接続開始が可能になった。

 そのほか、大きなアップデートとして、QChar、QString、QTextBoundaryFinder、および双方向テキストアルゴリズムがUnicode 10をサポートした。

 GUIやウィジェットにおける変更点では、従来はMicrosoft Active Accessibility frameworkを使用していたWindows上のアクセシビリティサポートを、Microsoft UI Automationで再実装したほか、WindowsのウィジェットスタイルによるHigh-DPIディスプレイサポートの改善、Linuxの印刷ダイアログボックスにおけるCUPSサポートの改善などが行われた。

 QMLでは、コンパイラのパイプラインを完全に実装し直し、パフォーマンスと保守性を向上している。さらに、Qt Quick、Qt Quick Controls 2、Qt Location、Qt Webengine、Qt for Device Creationなど、各所にさまざまな機能改善・追加が実施された。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5