Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

LINE、Messaging APIの新メッセージタイプ「Flex Message」を公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/12 19:18

 LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」において、「LINEビジネスコネクト」などのAPI型のLINEアカウントに活用可能なMessaging APIの新たなメッセージタイプとして、画像やボタンなどを自由にレイアウトできる「Flex Message」を、6月12日に公開した。

Flex Message
「Flex Message」の利用イメージ

 従来のMessaging APIでは、シンプルなテキストのほかに、スタンプや画像などを表示可能なメッセージや、複数のボタンやURLの配置が可能な「テンプレート」といったメッセージタイプを提供してきたが、「テンプレート」には配置できるボタン数が限られる、レイアウトが画一的である、といった制約がある。

 今回、追加された「Flex Message」は、自由なレイアウトが可能なメッセージタイプで、一定の表示フレームをベースにHTMLに近い感覚でレイアウトをカスタマイズできる。自由なメッセージレイアウトによって、メッセージのUI・UXを大幅に改善するとともに、より操作性・デザイン性に優れたメッセージ配信を通じて、ユーザーコミュニケーションの幅を広げられる。

 「Flex Message」の利用には、API型「LINE」アカウントや、Messaging APIが有効になったLINE@チャネルが必要で、「LINE」バージョン7.1.4以降が対象となる。

 なお、「LINE Biz-Solutions Partner Program」の一部上位パートナーや、「API Expert」認定者には「Flex Message」が先行提供されており、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの「DialogOne」や、トランスコスモスの「DEC Connect」は、すでに「Flex Message」に対応している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5